社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

反骨心の使い方

f:id:kei-blog:20191011212249j:plain

 俺は通信制大学だったので、その頃からほぼフルタイムで働いています。

 

 社会人経験が15年とかになってくると個人差や例外はあれど「こういう人は仕事ができないな」とか「こういう人は仕事ができるな」というある一定のパターンが見えてきます。

 

 その中でハッキリ言えることは「会社の文句ばかり言っている人は仕事ができない」ということです。

 

自己アピールの裏返し

俺は文句と言うのは自己アピールの裏返しだと思っています。

 

 うちの会社にも本当に毎日会社への文句ばっかり言っている人がいます。アラフィフで正社員のおばちゃんなんですけど。

 

 やれうちは給料が安いだの、やれ〇〇さんは仕事ができないだの、やれシフトが気に食わないだのと。

 

 会社(つまり経営陣ですね)へ文句を言うということは、会社より自分の考えの方が正しいと言っていることに他ならず、ただの与太話なのは言うまでもありませんが、それでも毎日のように会社の文句を聞かされたら本当に嫌になってきます。

 

 俺が親会社からの出向組で、人事採用なんかもやっているから、人事評価や人事異動の権限まであると思っているのか、とにかく、自分が正しいアピールがすごい。俺は採用を担当しているだけでボーナス査定もしていないし、人事権なんかまったくないんですけどね。

 

 俺から言わせればあなたが特別に出来るというわけでは全然ないんですけどね、という感じです。

 

もちろん左遷されてきた俺も人のこと言えませんが(笑)

 

反骨心の使い方

俺は反骨心の使い方と言うものを非常に重要視しています。

 

俺の反骨心は当然左遷されたことです。

 

 ワンクリックで人事遊びのように俺を飛ばしてくれた人事部への復讐心にも似た反骨心は一生忘れるわけはありません。しかしその反骨心を、文句、愚痴、陰口、にいくら向かわせても生産性はゼロですよね。

 

 その静かなる反骨心を基に考え、行動するとが、自らへの一番の利益なわけです。それが俺の場合節約や投資を含めたセミリタイヤを目指すことなんですけど。

 

  自分が気に食わなかったり、疑問を持ったら、それをどのようにすれば解決できるのか考え、行動することが大切だと思います。文句言ってても何にもかわんないですからね。

 

普通に考えて、そのように生産性ゼロなことを毎日のようにやっている人が仕事がデキるわけないですよね。

 

まとめ

 気に入らないことがあっても、思考停止して、文句ばっかり言うのってすごい楽ですよね。ただ愚痴ってればいいんですから。

 

でもそこで面倒でも考えて、「この気に入らない状況をどうすれば変えることができるのか」と行動することが人生を豊かにする方法だと思います。

 

 奨学金を借りてから「返さないといけないのはおかしい」とか言ってデモしてる人達もいますけど、借りてから言うなって感じじゃないですか。それが気に入らないなら文句言ってないで「一日でも早く返すにはどうしたらよいのか」を考えて副業するなりバイトすれば良いんです。

 

つまり「やることやろうよ!」ってことですね。

 

文句ばかり言っている人が人生ラットレースなのは間違いないと思います。

スポンサーリンク