社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

友人との付き合いがめっきり少なくなった

 

f:id:kei-blog:20190823135926j:plain

最近思うことがあります。それは友人との付き合いがめっきり少なくなったこと

 

 これってお金を使うのが嫌で飲み会を避けているから誘われなくなったのでしょうか。それとも30過ぎたらみんなこのように友人との付き合いは減ってくるものなのでしょうか。

 

 20代の頃はそれは週2,3回くらい飲みに行っていたのが今では3ヵ月に1回行けば良い方です。

 

 これは会社の不要な飲み会とは違って、プライベートの仲の良い友人たちとの話です。会社以外の飲み会はあんまり断っている記憶はないので、誘われることが少なくなったのかなぁ。

 

おそらく両方

 たぶんこれって「歳をとったこと」「俺が誘われなくなったこと」の両方なんですよね。

 

 別に誘われなくなったことをさみしくも思っていません。それよりも愚直にめざす目的が達成されることが最優先ですから。

 

 目的とはもちろん左遷した人間たちより幸せになること。細かく言えば「資産額の増加」「配当金等の不労所得の増加」です。そこに「多くの友人」や「楽しい飲み会」は入っておりません。

 

 「資産額の増加」と書きましたが具体的な金額の定めは今のところしておらず、俺の年収における資産の最大化という感じです。

 

 俺は三菱サラリーマンさんの

一定の目標があり、そしてそれを愚直に、ただひたすらに、完璧主義的に目指す人の方が、そうでない人よりも目標に到達するのは当然ながら早くなり得ます。 

ひとつひとつの行動が人生を形作っているわけですから、それは良い悪いは別にして真であることはままありますよね。

 

 という言葉が大好きで、そのページはずっとPCにブックマークしっぱなしです。そして「今日だけはご褒美♡」と何か欲しいものを買おうとしたときにいつもこのページをワンクリックで開き、自分を抑え込みます。

 

我慢ばっかりして人生なにが楽しいの?って感じですかね(笑)

 

ダイエットに似ている

資産の最大化は俺の中でダイエットに似ています。

 

 ダイエットって苦しいじゃないですか。酒も大好きなスイーツ(俺は嫌いですが)も好きなだけ食べたいし、筋トレなんかしなくても寝てて筋肉がつくならみんな筋トレしないですよね。

 

でもその苦しみの先に健康的で筋肉質な体があるから色々と我慢するわけです。ケチの場合はその苦しみの先に資産の最大化があるわけです。

 

 お金をケチケチしている人に対し「人生何が楽しいの?」っていう人もいると思いますが、それってこのようにダイエットしている人にも同じことが言えるんじゃないかなぁ。

 

 でもダイエットは資産形成に比べて圧倒的短期間で結果が出るからこそ、誰も「人生何が楽しいの?」と言わないんだと思います。

 

やはり人間は長期より短期的な視点を持つ方が多いのだと思います。

 

まとめ

 俺がブックマークして見ている三菱サラリーマンさんのページはこれです。

 

 株式で資産運用するには、まず種銭・運用資金を増やすことが決定的に重要

 

いつもお世話になっております。

 

 しかし、三菱サラリーマンさんはまだお若いのにどうしてここまでの境地にたどり着かれたのでしょうか。すごいですね。

 

 

スポンサーリンク