社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

左遷されたら会社内の友達は減る?

f:id:kei-blog:20190714085801j:plain

 学生時代においては何かちょっとした問題(ケンカやイタズラとか)起こして停学になったところで友達は減らないと思います。

 

 しかし社会人になってから、つまり会社の中では左遷(学生時代で言う停学)されたら友達が減ることがあります。

 

 学生時代は停学くらいはちょっとしたイベント的な要素でもあったり、イジリの対象になることもあるくらいですが、会社では「あいつは問題起こして左遷された」ということがシャレにはならないということです。

 

そういう意味ではやはり社会人はシビアですね。

 

同僚Aの場合

 俺の同僚(女性)で、不倫略奪婚をした人がいます。既婚者(男)と不倫をして、その既婚者が離婚し、同僚と結婚したというパターンです。

 

 何年もドロドロしたわけではなく、サッと離婚、サッと結婚、となった為、会社に迷惑を掛けていないと判断されたのか、とくに二人とも左遷等にはならなかったです。

 

しかし、その女性同僚は会社内の友人達から総スカンを喰らっていました。

 

 見ていてちょっとかわいそうでしたね。元々会社内での友人が多い人だったのでなおさらでしょうか。自分が迷惑をかけられたわけでもないのに、やはり問題を起こした人間とそれ以降の仲良くできる社会人というのは少数なのかもしれません。

 

 

自分の場合

結果から言うと俺の場合は、あまり減らなかった方だと思います。

 

 と言うか、左遷される前から同期からは嫌われたりしてたので、そんな嫌われ者の俺と元々仲良くしていた仲間は俺が左遷されようが減りようがなかったというべきでしょうか。

 

 ですから俺としてはラッキーだったと思います。ただでさえ左遷されて落ち込みまくっているのに、仲の良かった同僚が急によそよそしくなったら泣きっ面にハチ状態ですからね。

 

 会社内においてプライベートも遊ぶような(それでも年に1回とかですがw)人間は5人くらいでしょうか。左遷されても5人のままでしたね。

 

 その5人は俺が左遷されたことに対してな~んにも言いませんでした。通常の人事異動として扱ってくれているような感じ、飲み会や遊び等にも普通に誘ってくれます。良い仲間達ですね。

 

 元々同期連中から嫌われていたことで、元から俺と仲良くできない人間はふるいにかけられていたんだと思います。

 

 俺の場合、学生時代から八方美人的なやり方でみんなと仲良くしてもあまり良いことはないなと思っていたのが、結果的に左遷によるダメージを少なくしたと言えます。

 

 

まとめ

 上記で説明した略奪婚をした女性同僚以外にも、ちょっとした噂になるような問題を起こした社員は、やはり結構会社内の友達は減ることが多いです。

 

 会社内に楽しさを求めて、仲間をたくさん作ることは否定しませんが、俺の経験上何かあった時にダメージが大きくなるのであまりオススメはできませんね。

 

 プライベートで誰かに嫌われても二度と会わないという選択肢がありますが、会社内では嫌でも月曜には出社しないといけないので絶対に逃げることができませんから。

 

  「〇〇って人が左遷されたらしいよ」→「〇〇って誰?」が理想だと思います。世間(会社)に巻き込まれないようにするための最強の世渡り術です。

スポンサーリンク