社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

いつまで経っても買えない銘柄

f:id:kei-blog:20190619204757j:plain

 株式投資には「いつまで経っても買えない銘柄」というものがあります。つまり、値が上がりすぎて買えないということです。

 

 しかし、この「上がりすぎて」というのが本当にそうなのかどうかをピタリと当てることは不可能で、これからもずっと上がり続けるかもしれないし、予想通りどこかで調整するかもしれません。

 

 ですからこのような場合は素直にその値段で買う、というのが正解かなと。と、言いますか欲しいならそれしか方法はありませんよね。あくまでキャッシュポジションと相談しながら。

 

欲しいけど上がりすぎていて?買えない銘柄

  • P&G
  • ユニリーバ
  • マクドナルド
  • ウォルトディズニー
  • スターバックス

まだたくさんありますが、近々で買いたいと思っている銘柄だけで上記5つほど。

 

 特にP&Gに関しては100ドルを突破したとき、どう考えても上がりすぎだと思ったのですがすぐに110ドルを超えていきましたね。

 

これが「上がりすぎて」というのが本当かどうかわからないと感じる所以です。

 

ここはボーナスを投じて素直に今の値段で保有するのが吉かなと思っています。

 

ボーナスの使い道

 あと数日でボーナスが手に入ります。今期もA評価をいただきましたので、100万円は越えてきます。これは非常にありがたいですね。

 

 ボーナス時期になるとなんとなく同僚との話題もボーナスのことが増えてきて、何に使うか聞いてもいないのに情報が入ってくることがあります。

 

 俺の同僚で最近で多いボーナスの使い道は旅行です。これは何も子供が居たりする既婚者でなくともです。

 

 有休がかなり自由に使えてしまう会社ですから、値段が一番高い時期や混雑時を外していく人が大半、というかほぼ全員ですね。有休が自由に使えてしまう会社では自然とこのような使い道になってしまうのでしょう。俺は資産以外にはボーナスは1円も使う気はありませんが。

 

 車を買い替える予定をしていますが、維持費が安い軽自動車に乗り換えるので、これも投資の一環ですからね。

 

車を買った残りのボーナスは社内積立て預金に8割、あとの残りはいつまで経っても買えない銘柄の何かに使いたいと思います。

 

まとめ

  最近の投資方針は本当にブレブレです。

 

 元々はインカム狙いだったのにいつのまにやらVISAも持っているし、買いたいけど買えない銘柄を見てもわかるように、どう見ても高配当とは言えないものばかり(笑)

 

 それでもいんです。どのような投資方針であれ、資産を買っていることには間違いなく、ンカム狙いだろうがキャピタル狙いだろうが、財務状況の良い会社のビジネスを買うことは、会社を辞める為の一歩になることは間違いないのですから。

 

スポンサーリンク