社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

㈱カネカが育休明けの社員に転勤命令?社員は退職。

f:id:kei-blog:20190602093324j:plain

 

㈱カネカが炎上中ですね。

 

もちろんこれが【事実であるなら】ですが、すごいタイミングで人事異動を命じる会社ですねぇ。このご時世に本当にすごい。

 

知能指数の問題

 まずですね、このような明らかに左遷と捉えられるような人事をして、このご時世無事に済むと思っているのが、大企業の怠慢、いや、人事権を持つ人間の怠慢だということです。

 

 普通、こんなことしてちょっとツイッターにでも書かれてしまったらその拡散力で大事になることなど、小学生でもわかることです。

 

つまり、そんなことなど微塵も考えていなかったわけですね。

 

 これは俺の経験から言うと、大手企業の人事部に配属された人間は、自らがこんな大きな会社で人事権を所有しているという優越感に浸り、まるで【自らがこの世をつかさどる何か】のように思えてくる人間が確かに存在するということです。

 

その怠慢が、今回のような炎上劇を生んだのだと思います。

 

普通なら絶対にできないこの場合の左遷

 これほど大事になると取材も殺到するでしょうから、おそらく会社としては「育休は関係ない通常の人事異動」と言うではないでしょうか。

 

しかし、そう言ってしまうと火に油を注ぐことは間違いないと思われます。

 

 ここは通常、大手企業の人事部様の知能指数の高さを見せつけるチャンスですが、どうもこういう時、火に油を注ぐ会社が多い気がするんですよね。

 

 しかし、育休という今世間ではかなりデリケートな問題となっている事象を基に左遷するなんて、本当に日本大手企業の「闇」を見た気がします。やっぱりこの

「人事権の行使」の仕方はちょっと異常と言わざるを得ません。

 

 もう一度言いますが、このツイートが文字通りの【事実であったとしたら】ですよ。もしかしたら会社側としてはそのタイミングでどうしても異動させないといけない理由があったのかもしれませんから、それは今後を見守りたいと思います。

 

 しかし世間的には、「男が育休をとったことへの左遷人事」という見方が大半なのは間違いありませんよね。

 

 普通、引っ越したばっかりであることや子供が入園できたばかりであるということは、異動させない配慮が求められるはずですから。

 

まとめ

と にかく俺にできることは、この会社の製品に1円も使わないことです。人にまで「あの会社の製品を買わないで」と押し付けるつもりはありませんが、俺だけでも買いません。

 

ましてや株を購入することなど、検討企業にすら上げませんね。

 

 しかし今回のことで、改めて大手企業の中枢である人事部の知能指数の程度を知ることができました。

 

普通「こんなあからさまな左遷して、SNSで拡散したらまずいな」くらいのこと、頭によぎらないの???

 

 こんな小学生でもわかるようなことも想像できない程度の知能指数しか持ち合わせていない人たちが、我々社畜の人事権を持っている、ということです。嫌になりますね。

 

スポンサーリンク