社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

1円たりとも使いたくない病気

f:id:kei-blog:20190518124356j:plain

ちょっと最近病的になってきました。

 

1円の出費も気になり、昼間は家にいても電気をつけることさえ嫌なってきてしまいました。ちょっと前まではゲーム感覚の節約生活だったはずですが、自らに課した「お金を貯める」というどこにでもある目標に愚直に挑戦しすぎているのか、自分が怖いくらいです。

 

1円が惜しい

最近は家にいる時は我慢すればお金がもらえると考えるようになりました。

 

電気を消すと1円、テレビを消すと1円、発泡酒を飲まないと100円、水シャワーで済ませると30円、火(ガス)を使わずに生野菜を食うと30円。スマホの速度制限(今は1G契約なのでほぼ月末には制限がかかる)で月500円、これらのお金が「もらえる」という感覚です。

 

 完全に我慢の節約です。これらを実行しているとき、人生何も楽しくありません。

 

唯一楽しいのは月々の家計簿をつけたとき、つみたてNISA33,333円をしているのにも関わらず10万円以上の余剰金が発生しているエクセルを見たときだけです。

 

あとは筋トレ終わりに引き締まってきた自分の体を見る時くらいでしょうか。

 

いつまでこんな生活をしてしまうのか

パチンコや競馬にハマって抜け出せなくなることの逆バージョンですね。1円足りとも使わないようにする生活から抜け出せなくなっています。

 

「お金を使わない」ことなので人生に毒になっているわけではありませんが、人生における楽しさが半減しているのは間違いないと思います。外食なんてとんでもないですし、飲み会もいきません。

 

これももちろん1日でも早く会社を辞めたいとの思いからやり始めているわけですが、ツイッターや各ブログなどでは節約に関するものは全て「我慢の節約はダメ」と書いてありますよね。

 

俺も分かってるんですが、もう抜け出せないんです。お金を使いたくない一心です。

 

まとめ

お金を使いたくなさすぎてツライ。

 

 メシは大体ふるさと納税のムネ肉と、スーパーに行って見切り品の野菜、キャベツ半玉80円を買ってちょっとずつ焼いて食うような生活をしています。おかげでどんどん痩せてきました。

 

これからどうなっていくのだろう。本当に会社というところはとことん俺を不幸にしてくれる。

 

そんな会社にしがみつくしかない俺が悪いんだが、それを1日でも早くしがみつかなくても良いようにするため、今日も我慢します。

 

 

スポンサーリンク