社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

お金を使わない生活をしていると職場にバレる

f:id:kei-blog:20190505085105j:plain

最近めっきりお金を使うことが減りました。

 

 これはソーシャルレンディングで自分のキャパを超えた投資をして見事に失敗した戒めとして我慢の節約に足を踏み入れたことによるものです。

 

具体的には

  • 職場には弁当持参
  • どこに行くにも水筒持参
  • 平日はアルコール禁止
  • 服や下着は一枚たりとも買い足さない
  • 外食はしない
  • 電気はこまめに消す
  • 出来る限り水シャワー(これが一番つらい)

などです。

 

職場にバレる

 このような生活をしていることはもちろん会社の誰にも言っていないのですが、不思議なもので、俺がケチケチ生活をしていることはなんとなく職場の人には気づかれるものです。

 

 先日職場の結構仲が良いおばちゃんに「けいぼさんってまったくお金使わないでしょ?」と言われてしまいました。

 

 今までお昼は仕出し弁当を注文していたのに急に手弁当になって、それを愚直に必ず毎日持参していたこと、自販機の飲み物は絶対に買わなくなったこと等がそう感じさせたのでしょうか。

 

 別にケチケチ生活をしていることがバレてもまったく問題はないし、どちらかというと「あいつはケチだ」と思われていた方が飲み会にも誘われないし良いと思います。

 

しかしこのように意図せぬバレ方は少々気恥ずかしかったりしますね(笑)

 

節約で一番つらいのは水シャワー

 外食を辞めたり、服を一枚も買わなかったり、弁当を作ったり。これらは最初は我慢の節約だと思って初めてみましたが、やり始めるとまったく苦ではなくなりました。

 

 苦でなくなるどころかゲーム感覚で楽しいです。最近では「よし今日も1円も使わなったぞ」とうれしくなるくらいですね。

 

 お金を使うことに幸せを感じる人が多いなか、このような幸せの感じ方は自らにとってとても良い傾向だと思います。

 

節約で唯一つらいのは水シャワーです。

 

 俺は本当にシャワーが大好きでことあるごとに浴びるのですが、ガスを使わないようにするため、出来る限り水シャワーで済ませます。

 

さすがに朝のシャワーは体も起きていないので真水と言うわけにはいきませんが、昼や夜のシャワーはできるだけガスは使いません。

 

 水シャワーってその時は冷たくてつらいけど、シャワーが終わったあとって体がポカポカするんですよね。これが健康に良いと聞いたこともあります。

 

しかし、浴びているときは呼吸が苦しくなるくらい本当にきつい(笑)

 

 こんな苦しい思いをしてガス代を節約したところで金額は知れていますが、この「金額が知れている」という節約もチリ積です。

 

 全ての事象においてこの「金額が知れている節約」を実行すれば必ず大きな節約につながると思い、愚直に続けています。

 

まとめ

 最近では楽天のアンケートに答えて数ポイント獲得したり、毎日楽天web検索を駆使して1ポイントをゲットしたり、全ての1円を取りこぼさないように生活しています。

 

そして余裕ができたらそのお金で株式を購入。

 

ひたすらこれの繰り返しです。

 

 この愚直に続ける行為が「いつか必ず来る10年後の自分」を楽にしているということを信じ、続けていきたいと思います。これも社外で勝つためです。

 

 では

スポンサーリンク