社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

資産1000万円が見えてきた

 

f:id:kei-blog:20190504222031j:plain

令和になりましたね。俺の生活自体は何も変わらずですが、大阪の道頓堀に若者が飛び降りたり、渋谷ではカウントダウンしたりと、元気があってよろしいって感じですね。

 

 さてさて今日は自分の資産について洗い出してみたいと思います。バランスシートで言うところの左側ですね。

 

資産明細

  • 現金   370万円
  • 日本株  150万円
  • 外国株  240万円
  • 投信    40万円

合計800万円となりました。※今回からソシャレ分と仮想通貨分は資産計上しないこととしました

 

 この他に、土地は二束三文ですが土地+建物(貸店舗)と、事業用口座(美容サロン

)があり、それを足すと1000万円は超えているのですが、この二つに関しては少々思うところがあり、以前から資産計上はしないこととしています。

 

 俺は以前からとにかく1000万円の資産を持つことを前提に資産運用をしてきましたが、ソーシャルレンディングのデフォルト-120万円や仮想通貨の-100万円の合計220万円以上の損失によりかなり遠のいていました。

 

 所有している貸店舗の土地建物を取得する前は、1000万円以上の資産があっただけに、早く資産を以前の水準に戻したいと焦っていたのです。それが結果的にゴールをより遠のかせる結果になってしまったんですね。

 

堅実な投資が一番早かった

ありきたりな言葉ですが、「急がば回れ」とは良く言ったものです。

 

 資産運用と言うものは焦るとロクなことがありませんでした。一番初めに投資と言うものを経験したのが、貸店舗の現金購入であり、なまじっかそれが上手くいったものだから自分が何者かになれたような気がしたんでしょう。

 

 金額を大きく張って成功した、という体験が基となり、気がつくと投機に近い動きをしていましたね。

 

 ソーシャルレンディングは今はデフォルト分120万円しか投資していませんが、一時期は500万円近く突っ込んでいましたし。今考えればソーシャルレンディングに500万円突っ込むならVISAという1銘柄に500万円突っ込む方がまだマシだったとわかるのですが。

 

 まぐれで成功すると本当に身を持ち崩します。実力以上のものは求めず、焦らず、でも堅実に続けるということがいかに大切か学びました。それが早いうちに学べただけでも良しとします。

 

まとめ

 資産1000万円という一つの目標はとりあえずリーマンショック級の暴落がなければ今年中に到達できそうです。

 

 ボーナスを1円足りとも使わず、全て貯蓄に回せばゴールです。資産が1000万円になるのなら喜んで全額使わずに貯金します。まぁたぶん米国株あたりを買ってしまうでしょうけど、これは使うというよりは投資ですからOKですよね☆

 

では。

スポンサーリンク