社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

本多清六「私の財産告白」は人生の教科書になりそう

f:id:kei-blog:20190226215837j:plain

 随分前からおもしろそうな本だなと思いつつもいつも買いそびれていましたが、楽天ポイントが思いのほか貯まり、車のガソリンを入れてもまだだいぶ余るので買って見ました。

 

 


私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六 ]

 

 

再現性の高い財産の築き方

 株をやり始めた頃、そこら中にある投資の本を手に取りましたが、これほど再現性が高く、現実的な本は初めて見たかもしれません。今までどんなはずれ本を買っていたんだって話ですが(笑)

 

 今までの投資本はどこかたまたま当たった人が書いたような内容だったことが多く、読みながらも頭の中では「ほんまかいな」「そんなもんですかねぇ?」ってなることが多かったように思います。

 

 しかしこの本は決してそうはならず、「あれ?これかも」と何か静かに納得し、実行してみようかな?と冷静に思えた本でした。

 

 だいたい妙な煽りに近い本って「これしかねぇ!」「明日から一発逆転!」みたいな妙なテンションにもっていかれそうになるんですよね。そしてソーシャルレンディングに自分のキャパオーバーな額を突っ込んだ挙句に大損みたいなことになるわけです。まぁ俺のことですが。

 

 この本は派手さがない分、静かなる投資(闘志?)意欲が湧いてくる、そんな本です。

 

  俺の人生ってワーワー言いながらテンション上がっているときよりこういう静かな、でも確かに着実に進んでいくときの方が上手くいくことが多かったんです。

 

受験も、就職も、スポーツも、簿記2級も、全て静かにそして着実に。

 

 テンションマックスで突っ込んだ仮想通貨とソーシャルレンディングはさようならでしたからね。

 

今日から人生の教科書に

 少しだけ株取引のやり方みたいなことも書いてありましたがそれは相場次第なことも多いでしょうからそんなに正確に再現するつもりはありませんし、できることでもありません。利確の大切さを学んでおいた程度です。

 

それより本多清六さんの普段の過ごし方、倹約とケチの違い、時間をかけることの大切さ、初志貫徹の強い意志、等の考え方というものにとても惹かれました。

 

 俺は彼のように上手くいくことはないでしょう。それはなんとなくわかります。人生100点を目指して100点取れたことなんてありませんから。

 

しかし、冷静に、静かに目標を定めて行動した時は90点をとれたような気がします。

 

そう。はしゃぎたければ90点取れたあとにしよう。

 

まだアラサー

 本多清六さんは初任給をもらった25歳から倹約貯蓄の重要性に気づき、倹約生活を送っていたそうです。初任給をもらってすぐその考えに至れるというのは間違いなく天才ですよね。

 

 若者は収入と支出なんて気にせず、使うだけ使ってあまればラッキーくらいの人が多いでしょう。

 

しかし俺もまだアラサー。

 

 本多清六さんが倹約生活を誓われた歳からずいぶんと遅れを取りましたが、間に合うような気がします。

 

少しだけスタートダッシュして、1年後くらいには倹約生活がスタンダードになるよう、苦しくない程度に気を付けながら生きてみることにします。

 

では

スポンサーリンク