社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

ドコモ光を解約して楽天モバイルのテザリングを固定回線代わりに

 

f:id:kei-blog:20190221224037j:plain

以前から考えていたことがあり、それを実行しようと思います。

 

 それは自宅で契約している光回線を解約し、スマホのテザリングでPCを使うというものです。

 

 そうすれば今契約しているドコモ光のプロバイダ料込4,730円が丸々節約できることになります。ちなみに2年契約してしまっているので解約金が8,640円かかってしまいますが、2か月間使用しないだけでおつりがくるのでヨシとします。

 

楽天経済圏の深みへ

 この固定回線の解約はずいぶん前から考えていたのですが足踏みをしている状態でした。

 

  以前検討したのは固定回線を解約してLINEモバイルのデータSIMのみ新たに契約し、それを固定回線の代わりにするといったものでしたが、そのSIMの電波をとばすルーターが高い(1万5千円くらいだったかな?)ので断念していました。

 

今回はそうではなく

固定回線→解約

現状のスマホ(LINEモバイル)→楽天モバイルへ変更しPCはテザリング

 

 ということで実質固定回線の解約のみでOKとなり、毎月の節約にかなり大きなインパクトがあります。

 

 楽天モバイルはダイヤモンド会員の場合、1年間は980円で契約できますからね。MNP取得費用と楽天モバイル事務手数料がそれぞれ3千円ずつかかっても、毎月の固定回線がなくなることと、月々のスマホ代が安くなることですぐにペイできます。

 

 問題は楽天モバイルの使い放題である低速モード(1Mpbs)が使い物にならなかった場合、PCでの作業を苦労することになりますが、その時はデータSIMのみ新たに契約し、ルーターを購入すれば済む話です。

 

どっちにしろ損をしないと判断し、今回の固定回線解約作戦をスタートさせることにしました。

 

やりすぎな倹約生活

 ソーシャルレンディングで大損こいた時から自分の性格がまるでかわってしまいました。

 

 お金を使うことにとても臆病になり、100円使うことにも慎重です。このままいけば損をした100万円程度は1年経たずに回収できそうですが、自分でもこの倹約っぷりは少々怖いほどです。

 

 「節約はいくらやりすぎてもいい」と思ってしまったときから、毎月どこで支出を減らそうかと血眼になって探していた最後の砦が、自宅固定回線の解約ということになります。

 

 後はもう本当に削るところがない。食費とか、電気とかガスとか、結構限界まで削っていますし。しかも苦じゃないとかいった話ではなく、削れば削るほど幸福になっている自分がいて、少し怖いですね。

 

これでは彼女はできないな。

 

まとめ

 ドコモ光は解約に日割りがないので、今月末のギリギリで解約します。

 

 そして来月早々に楽天モバイルの契約をし、自宅PCについてはテザリング一択となります。これが使い物になるのかならないのか、こうご期待。

 

 ちなみに楽天モバイルを契約したらまた楽天SPUが×2倍となり、通常の買物はこれで合計7倍の楽天ポイントがつくことになります。

 

ますます楽天経済圏への深みに入ることになりますね。

 

では

 

スポンサーリンク