社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

職場の噂話を消す方法はあるのか

 

f:id:kei-blog:20190207212202j:plain

 最近家でお酒を飲むのを辞めたため、夜は筋トレの後コーヒーを飲むようになりました。コーヒーってなんでこんなにおいしいんだろう。どうも、けいぼです。

 

比較的大きい会社と言うのは「噂話」が大好きです。

 

 俺が身をもって経験しているのは男職場より女性職場のほうが噂話は多いですね。しかし男がまったくしないかというとそうではなく、50代後半にも差し掛かろうというおっさんが若い女の子の異性関係の噂話をすることもあるのですからキモくて仕方がありません。

 

大手の会社と言うものは、長年居座ったおっさんから人間としての尊厳まで奪うのでしょうか。

 

人の噂は75日?

人の噂は75日って言いますけど、会社での噂話というのは75日ではありません。永久不滅です。正確にはその人が退職するまでですね。

 

ですから一度何か大きなヘマをやらかすと、どこの部署に異動になっても言われ続けることになります。例えばうちの会社で社用車を本社門の代理石にぶつけた課長がいましたが、その課長が車をぶつけたのはなんと新人の時。つまり30年近くも本社に車をぶつけた男として噂され続けています。

 

 こんな笑い話になることなら良いのですが、不倫したとか、社費をなくしたとか、会議室で取っ組み合いのケンカをしたとか、そういう笑えない噂の力と言うものは強力で、本当に永遠に語り継がれることになります。

 

ですから会社では本当に気を付けて生活をした方が良いです。

 

 俺も新人のとき、ある仕事のことで他部署の同期と衝突し、結構熱くなってしまい、有無も言わさず説き伏せたことがありました。

 

 それが回りまわって尾ひれをつけ、俺の部の課長の耳に入り、その日から課長の俺に対するあたりはきつくなりました。その同期がどのように言ったのかはわかりませんが、結果、俺は左遷されました。

 

 その課長とそいつの嫁さんが仲が良いらしく、そこから情報が入ったらしいですね。まぁ今となってはどうでも良い話ですが、俺のこの「配属1年で飛ばされた」という負の噂は会社内で噂される1つとして永遠に残ることになります。

 

噂されない方法

 左遷された当初は俺が飛ばされたという事実を会社の誰もが知っているものだと思ってしまい、精神的に疲弊した時期がありました。本社を歩くと、誰もが後ろ指を指しているような気がするんですよね。

 

 しかし、今のような左遷に感謝するようになってからは不思議と気が軽くなり、これはおそらくですが俺のことを噂しているやつは今ではいない気がします。こういうボンヤリとした感覚って大体当ってるものなんですよ。

 

 ですから左遷された当初は誰もが俺のことを後ろ指さしていた気がしたことも、その通りだったと思います。

 

 その人間が噂を「気にしていない」と思われた瞬間から噂をする人は急に面白くなくなるんでしょうね。逆に言えばいつまでも噂を気にしていると、いつまでも噂されることになります。

 

 ベッキーが不倫で長く叩かれましたが、それはベッキーが気にするタイプだったからです。ダウンタウンの浜ちゃんや沢村一樹も不倫をすっぱ抜かれていますが、今では「そんなことあったっけ?」という感じでしょ?

 

それはその人達が「気にするタイプではない」からです。得ですよね。

 

 

まとめ

 今職場の根も葉もない噂話に悩んでいる人には残念なお知らせですが、会社で一度噂の的になったらそれを完全に消す方法はありません。

 

 しかし、周りの人間はその人が不幸になることが目的で噂をしていますので、まったく気にしない性格を装えばそのうちに噂の火種は小さくなります。俺が実際そうでしたね。

 

  左遷当時はよそよそしかった同期達も今ではまったくそんなこともなく普通に接しています。どちらかというと、今では俺が避けているくらいです。なぜかというと飲み会に誘われても行きたくないから(笑)

 

 左遷されて妙な噂を流されて、誰も俺に話しかけてこなければいいのにとさえ思っています。まぁこれは少々行き過ぎで、今本社から離れた出向先の会社にいるからでしょう。本社にいたらそうはいかないでしょうからね。

 

ですから、噂の的になってしまった人はもう過去に戻ることはできませんので自分を変えたほうが早いです。面舵いっぱいですね☆

 

 

では

スポンサーリンク