社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

来年度も左遷部署に残留

f:id:kei-blog:20190203093540j:plain

 うちの会社は、というかほとんどの会社は4月に定期異動があると思います。俺が左遷されたときもこの定期異動時の内示によって飛ばされました。

 

 その4月があと2か月後にせまってきたわけですが、うちの本社では1月を過ぎるともう異動の噂ばかりが飛び交っています。

 

 〇〇は飛ばされるらしい、〇〇は部長に気に入られて栄転するらしい、〇〇課長は部長に上がるらしい、等。実にくだらないですね(笑)

 

 そういうくだらない話をしたいがためにこの時期は急に飲み会も増えますね。

 

俺の異動は

 先週のことですが、出向先の責任者(この人も本社の人)に呼ばれ、4月以降も俺は異動なし、とのお告げを受けました。

 

 今俺は会社の財務と経理、人事を一括して一人で管理しています。俺しかわからない仕事だらけなのに、4月で俺が異動になったらこの会社どうするんだろう、と思っていましたが、そこはやはり上もちゃんと考えていたようです。

 

 そして4月以降は俺が苦手なパートのおばちゃんがいるのですが、その人を正社員にして、1年かけて仕事を少しずつ覚えてもらってくれ、とのこと。

 

 俺は今の左遷先の居心地が良いので、絶対に異動したくないので異動なしなのは良いんですが、そのパートのおばちゃんと二人三脚で仕事をするというのはとても気が重い。。。

 

  別に嫌な奴、というわけではなく、明るいグイグイキャラで、独り言がめちゃくちゃデカい感じの人です。「〇〇ってどこにあったっけ~?」とかPC見ながら「あれあれあれ???」とか大きい声で言っちゃう人。

 

 俺は職場でプライベートな話を一切したくない人なんですが、私生活のこととか聞いてくるのですごい嫌なんです。休日何してるとか、お酒は何が好きとか、趣味とか。これが性別逆だったら間違いなくセクハラですよって感じ。

 

 でもどこかわけわからないところにまた飛ばされることを考えると、まだおばちゃんと一緒に仕事する方がマシなのかなぁと思って頑張るしかないですね。

 

確定ではない

 一つ気をつけておかなくてはいけないのは、いくら上司が異動はなし、と言ったとしても、それは決して確定ではないということです。

 

 4月になってフタをあけてみたら「え!?」みたいな内示だったなんてのはうちの会社ではとても良くあることで、全ては人事部のクリック一つですから。内示がでたあとにいくら課長や部長が「話が違う!!」と騒いでも後の祭りですからね。

 

 あくまで異動の可能性は減った、くらいに考えておきます。

 

まとめ

 しかし左遷当時はあんなに異動したかったのに、今では絶対異動したくないなんて、自分のことながら、人は変わるものですね。

 

 投資経験もそれなりになってきて、副業も順調。会社との距離感がつかめてきた証拠なのかもしれないですね。

 

では

スポンサーリンク