社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

綺麗な女性が入社してきた結果、他の女性社員の態度が急変。

f:id:kei-blog:20190120102750j:plain

少し前に俺が勤める出向先に新しく社員さんが入社しました。

 

主に広報関係をやられるみたいですが、以前も同じような仕事をされていたようで即戦力としての採用です。

 

 その女性は40代の方なのですが、とにもかくにもめちゃくちゃキレイな方なんです。ちょっとした芸能人と言っても言い過ぎではないくらい。男性社員もどこか浮ついていて、俺ももちろんその浮ついた一人です。

 

 しかし、他の女性社員の心情としてはあまり良くなかったようで、最近何やら不穏な空気が。

 

他の女性社員が男性社員に冷たくなっている

これがまったくの俺の勘違いであるならば良いのですが、おそらく違うと思います。

 

 俺を含め、男性社員はそのキレイな新入社員の女性に気を使っての部分もあるのですが、仕事を丁寧に教えています。時には二人で社用車に乗り、銀行に行ったり得意先に行ったりもします。

 

 そんな日が続いたある日、俺と仕事でパートナーを組んでいるパートのおばさんがいるのですが、そのおばさんの態度が明らかに冷たいんですね。

 

 初めは「なんか最近機嫌がわるいなぁ」くらいに思っていたのですが、良く考えたらその他の女性社員も何か俺に冷たいんです。

 

 そう思っていたら別の男性社員から「最近さぁ、女性社員みんな機嫌悪くね?」と言われ、俺の勘違いではないと確信しました。

 

 そう、おそらくですが、そのキレイな女性に対してアホな男ども(俺含む)が浮ついてちょっとヒイキしているかのように女性社員の目には映ったのかもしれません。

 

 もちろん俺はその人がキレイだから仕事を丁寧に教えていたわけではないのですが、浮ついていたのは事実で、まったく身に覚えがないと言い切れないのがつらいところなんですが。

 

女性コミュニティと距離を置く

 こんなことがあったからと言って俺は無理やり他の女性社員のご機嫌をとったり、新入社員さんに急に冷たくなったりは絶対にしません。今まで通りです。

 

 どんなに他の女性社員に冷たくされても仕事のことは話しかけますし、仕事もお願いします。

 

 もともと女性コミュニティとは一定の距離を必ず置くようにしていた俺ですが今回のことで改めてそう誓いました。

 

 他の男性社員もそう感じていたことから「女性社員の機嫌が悪い」ことは俺の勘違いでないことは間違いありませんが、その理由がキレイな新入社員さんのせいであるとは決定したわけではありません。

 

 しかし、女性社員がそろって機嫌が悪くなるような状況は少し怖いですからね。男性コミュニティというものは存在しませんが、男にはあまりない状況だと思います。

 

まとめ

 男にはイケメンが入社してきたからと、女性社員が浮ついても別にまったくなんとも思わないですよね。イケメンはいいなぁくらいではないでしょうか。 

 

しかし女性はそうはいかないこともあるようです。

 

 俺を筆頭に、キレイな人が入社してきたからといって浮つく男どもはやっぱりアホですねぇ(笑)

 

 

スポンサーリンク