社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

楽天証券のつみたてNISA設定額が満額にできなくて困った話

f:id:kei-blog:20181228102015j:plain

 少し前に一気に楽天経済圏への移行手続きを行いました。

 

 楽天カードを作り、楽天銀行を開設し、楽天証券を開設して、つみたてNISAをSBI証券から楽天に移管し終わりました。

 

 光熱水費やネット利用料など月払いのクレジット払いにしているものが多くあり、結構大変でしたが、結果的にその一時の苦労が永遠の節約効果をもたらすため、一気にがんばりました。

 

残すは楽天証券の積立設定のみ

 つみたてNISAを11月に移管したので、2019年度からしか積立できないのですが、その積立設定が12月の下旬からできるとのことでした。

 

 12月20日を過ぎても一向に設定ができず、いつからできるものなのかそろそろ問い合わせでもしてみようかなぁと思っていたところ、先日できるようになっていました。

 

 とりあえず楽天VTIを満額上限の月33,333円積立てる設定をすると、1月はもう間に合わないから2月からの設定しかできないことが判明。1月分は積立設定ではなく、手動で購入することになるのかと、とりあえず2月からの設定で良いや、と設定してみると、2月~12月の積立なのになぜかNISA口座の限度額がいっぱいになってしまいました。

 

月33,333円ずつを2月からの積立てなのに、年額40万円になるってどゆこと!!??

 

 良く読んでみると、年度途中からの設定(俺の場合2月からなのでこれにあたる)の場合は、「増額設定」というものを行い、満額の40万円にできると書いてある。

 

 しかしその「増額設定」のボタンがクリックできず、その設定もできない。しかしそりゃそうだ、2月~12月の設定でNISA口座限度額が満額になっているのに増額設定ができるわけがない。。。。

 

結局解決せず楽天証券へ電話

 先の株式市場の乱降下の影響なのでしょうか、電話がまったくつながらず15分程度待つとようやくつながり事情を説明。

 

 しかし「今わかるものが全員電話が立て込んでいて、明日以降の回答になる」とのことだった。

 

 せっかちな俺は当然「めんどくせぇぇぇ~(><)」となったのは言うまでもない。ようやくNISAの積立設定が完了し、全ての楽天経済圏移行が完了すると思ったのに。

 

 しかしそこはさすが楽天様!なんと折り返しの電話がその日にありました!

 

 結果

 

 「12月29日以降になりますと、2月からの積立設定をしていただくと満額(40万円)とならないはずですので、そうなると増額設定ができるようになり、月々33,333円ではなく、月々36,363円と設定ができ、11ヵ月の積立てで満額の40万円が使い切れる設定ができます。」

 

 とのことでした。

 

 そのページに一言書いておいてくれれば良いのになぁと思いつつ、俺の場合他社からのNISA移行であったことからイレギュラー扱いになり、このような事態に陥ったのだと思われます。

 

 楽天さんは本当に色々とサービスが行き届いていますので、できることならそうしていたはずですから。

 

まとめ

 とってもスムーズに進んでいた楽天経済圏への移行ですが、最後につまずいてしまいました。しかし結果的にゴールが見えてきました。

 

 本日12月28日です。つまり明日、12月29日をもって楽天経済圏への完全移行が終了します。完全移行する前から楽天ポイントの溜まり方がすごくて、楽天経済圏の強さを実感し、その恩恵を受けております。

 

 来年からは今回設定した積立分もポイント還元されますので、一層の恩恵が受けられることになります。

 

 今回の楽天経済圏移行手続きで一番苦労したのは口座やカードの開設ではなく、公共料金やスマホ料金等のクレジット設定をすべて変えることでした。メイン口座を変えたこともめんどくさかったですけどね。給料の振込先変更とかその他カードの引落口座変更もありますから。

 

 しかしこのめんどくさい手続きを普段の自分の仕事っぷりからは想像もできないくらいそれはもう一気に駆け抜けました。

 

 やる前は大変そうでしたがやってみればなんてことはなかったですね。 

 

 では

 

 

楽天カードは年会費無料なので作って損をすることはありません→楽天カード新規入会キャンペーン

 

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

スポンサーリンク