社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

投資で出した損失を決して投資で取り戻そうとしてはいけない

 

f:id:kei-blog:20181209193725j:plain

投資は人生を豊かにもしてくれますが、時として牙を向きます。

 

その牙につい先日やられてしまったところです。

 

 しかし我ながらここからの立ち振る舞いは悪くなかったと思います。その損失を投資ではなく労働と節約で埋めると決意しました。

 

労働が一番硬い

 結局労働と節約が一番硬いです。この二つには「時間」と「我慢」が必要となりますが、我慢に関しては一度生活グレードを下げてしまえば必要ないことがわかりました。それに労働と節約はお金の損失を出すことが絶対にありませんからね。

 

 投資で出した損失を労働や節約ではなく、投資で回収しようとすることが一番危険だと思いますそこに行かなかったのは俺が元々チキンであったが故、ラッキーでした。

 

 もう少し正確に言うならチキンと言うより、己が特別な何者でもないと再確認した、ということですね。

 

 投資で急に資産を増やそうとすること自体が間違いで、俺にとって投資とは何十年スパンでの未来の利益を積み重ねる単純作業にしかすぎないということです。

 

 単純作業というのは簡単という意味ではなく、上手くやろうとしてもどうせできっこないので無機質にやるべきという意味です。

 

 俺には相場に一喜一憂せず淡々と労働で得られた対価のうち、生活に影響がない額を配当金銘柄に回す、ということ「しかできない」ことを再確認しました。

 

良い薬になった

 仮想通貨の100万円損失はギャンブルであると高を括って始めたものですからどうでも良いのですが、ソーシャルレンディングの損失は本当にダメージが大きく、勉強になりました。

 

 これからより一層倹約に努めるべきと思いなおさせてくれましたからね。そしてその倹約生活は我慢の連続ではなく、意外と幸福度が上がるということも気づかせてくれました。

 

 今回の損失がなければこの先何十年気づかなかったかもしれないことを気づかせてくれたということで「意味があった=人的利益」と思うことにします。

 

 目標はすでに掲げていますの、とりあえずは現金保有500万円を目指して進むだけですね☆

 

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク