社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

過去お金の使い方で一番無駄だったことは飲み会

 

f:id:kei-blog:20181209141621j:plain

 大好きなツイッター界隈でもたまに目にするのですが「若いころからもっとお金貯めておけばよかった」や「20代の頃は無駄遣いしすぎていた」といった意見は多いですよね。

 

 まぁアラサーやアラフォーになって若いころから一切無駄な買い物しなかった人なんてほとんどいないのではないでしょうか。

 

 俺も1度しか着ない服やら、もしかしたら買っただけで満足してしまって1度も着なかったものもあるかもしれません。サイズがよくわからないのにネットで買って後で後悔するなんて本当に日常茶飯事だったと思います。

 

しかし、若い頃服を買い漁っておいて良かったと思うこともたまにあります。

 

今服を買わなくてもたくさん選べる

 今も服は大好きで、もちろんタダであれば服は無限に欲しいです。しかし倹約生活が身に付きつつある俺は服を買うことはほぼなく、あっても年に1、2回程度、ビューカードを駆使して貯まったルミネ商品券の範囲内で散財する程度です。

 

 本当はそのルミネ商品券分も生活費に回すのが一番効率が良いんでしょうけど、俺はまだまだ服が欲しいようです。

 

 そんな買い物に目がない俺ですが、若い頃大量に服を買い込んでいたおかげで、まったく買わなくなった今でも選ぶのに迷うほどの種類があるというラッキーな現状があります。

 

 体形も20歳の頃からほとんど変わっておらず、全ての服でサイズが合わなくなったことはありませんから、今でも10年前に買ったジャケットやロンTは大活躍しています。

 

 洗濯する時はもちろんネットに入れて干すときは腹掛け。これで10年以上経った今でも全然ヨレることなく活躍してくれています。

 

 

 誰しもが経験のある「若かりし頃の無駄遣い」は俺のようにアラサーになった今でも服への興味が薄れない人間には、若い頃の無駄使いもそんなに無駄ではなかったかなぁと思わせてくれる利点がありますね。

 

 今買わなくて存分にファッションを楽しめますから。

 

最悪の無駄遣いは

 逆に若かりし頃の最大の無駄遣いはなんでしょうか。

 

  俺は「飲み会」ですね。

 

 俺は大学が通信制だったので昼間働いていたこともあり、当時の同級生よりお金を持っていました。調子にのっておごったことも1回や2回ではありません。

 

 職場でも毎週のように飲みに行き、飲みに行っても特段楽しいわけでもなく、同期の悪口や噂話、時には同僚達がおっぱじめたケンカを止めたりして次の日から最悪な職場の空気になったり。

 

 ほんとうに今よくよく考えてもまさに「ムダ金」でしたね。無駄中の無駄。キングオブ無駄です。

 

 

 今の若い人にアドバイスをするとしたらとりあえず「無駄な飲み会は本当に無駄でしかない」と伝えますね。飲みにケーションなんてバカな言葉もあるそうですが、大体飲み会はロクなことがありません。

 

 飲み会が職場の空気を良くしたことや、仲が良くなかったことなんてほとんどなく、悪くなることの方が結構あったりしますからね。

 

 それにお金と時間を使うんなんで、若い頃の俺はなんてバカだったんだ、と後悔してもしきれません。

 

あの時に無駄にしたお金を時間が今あれば最高なのになぁ。。。

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

スポンサーリンク