社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

イオンレイクタウンのイオンラウンジ(株主優待)に行ってみた

 

f:id:kei-blog:20181203202731j:plain

今日は有休を使って以前から使ってみたかった株主優待を利用しにイオンに行ってきました。

 

 イオンの株主優待は買物の3%が現金還元されるものの他に「イオンラウンジ」という株主やゴールドカード所有者限定の無料カフェの利用ができます。

 

 悲しいことに俺が住んでいるところの最寄りのイオンにはイオンラウンジがないので、イオンレイクタウンと言う埼玉県越谷市まで行ってきました。どうせあまった有休消化で暇ですからね。

 

 イオンラウンジは無料でお金もかからずコーヒーが飲めるということでタダが大好きな俺は颯爽と自転車に乗って交通費をかけずに移動して無料のコーヒーを飲みに行くことにしました。

 

 最近自転車にハマっているんですよね。20km以内だったら平気で自転車移動しちゃいます。

 

利用者層は?

 もちろん本当に無料のコーヒーをそんなに飲みたかったわけではなく、ちょっとイオンラウンジを利用している年齢層に単純に興味があったんです。俺はプライベートで株の話をできる友人が一人もいないので、どんな人が株主なのかずっと興味がありました。

 

 イオンレイクタウンは建物が「kaza」「mori」「アウトレット」に分かれていてイオンラウンジはmoriの3階の「イオンスタイル」というイオン直系の店舗の中にありました。少しわかりにくい場所でしたね。

 

 まず受付のおねーさんに株主の証明であるイオンオーナーズカードを提示します。するとチョコレートとおせんべいが入った箱を渡されて席に案内されました。

 

 結構広めの部屋で大きな化粧室も完備。飲み物は全て無料でジュース、コーヒー、紅茶、結構種類もたくさんありましたね。平日なのでガラ空きなのかと思いきや、意外とそうでもありませんでした。

 

 さて年齢層ですが、おそらく20代はいませんでした。俺が一番若い層だとは思いますが「あの人同じ年くらいかな」という女性もいました。その女性は小さい子供を抱っこしていました。

 

 オーナーズカードというものは「家族カード」があり、つまり旦那さんが株主であれば奥様もイオンラウンジが利用できますので、旦那さんが株主なのか本人が株主なのかはわかりませんが、意外と若い層の人もイオンの株主なんですね。

 

 そのお母さんは俺より後に入ってきたのに、お茶を一杯飲んですぐに出て行かれました。おそらく”買物をして疲れたからちょっと休憩”程度に利用されているのでしょう。無料でお茶も飲めて休憩できて、そういう使い方はいいですね。

 

 その他は大体、40代~60代と言ったところでした。ご夫婦や一人で来てi padや新聞を読んでいる人もいます。

 

 イオンラウンジを利用した感想

 

俺は喫茶店は高いので利用しませんが、無料であれば確かに休憩程度にはりようできて良いかもしれません。イオンレイクタウンの近くに住んでいて、しょっちゅう買物に来る人であればこの制度はとっても重宝すると感じました。

 

 特に女性はお茶が好きな方も多いでしょうから、飲み物の種類も豊富ですし、結構静かな空間ですしね。イオンは現金還付といい、株主専用のラウンジといい、株主を大切にする企業ですね☆

 

 利用時間の制限が30分以内であることは注意です。友人とコーヒーを飲みに行く場所として使うのであれば30分はちょっと短い気がしますからね。

 

以上、イオンの株主優待体験のお話でした。

 

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク