社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

大損害。投資を始めてから初めてうろたえた日

f:id:kei-blog:20181128153858j:plain

 今まで散々安定したサラリーマンと言う属性を武器にイケイケの投資をしてきました。その中でも少しは分散や、自分なりに考えてリスクもできるだけ排除してきたつもりです。FXには決して手を出しませんでしたし。

 

 しかしそれでも少々リスクを取りすぎていたようです。と言いますか、自分を過信していたのかもしれません。

 

 お察しのとおり、ソーシャルレンディング(ガイアファンディング)で結構な額を被弾しました。ゼロになってもいい!と強がりでなく本心で言っていた仮想通貨100万円を損したときとはまったくの別物の感情です。

 

 いくら株式がマイナスになろうがまったく気にも留めたことがなかったのですが、これには初めてうろたえました。

 

キャパが思ったより広くなかったようです

 サラリーマンと言うものは投資でいくら損をしようが借金せずにやっている限り、安泰です。来月には必ず給料と言う名の金が振り込まれるわけですから。

 

その安泰にあぐらをかき、仮想通貨に手を出した結果100万円損失をだしましたが、100万円くらいボーナス一回で帳消しです。逆に良い勉強になったと思っているくらいで、XRPに関してはまだ保有しています。

 

 しかし、今回ガイアファンディングで全件遅延となりました。俺はガイアファンディング自体には投資していませんが、マネオ本体を通じてガイア案件に投資をしてしまっています。

 

 当然全件被弾で約100万円が飛んでしまいました。これは株価なんかと違い、これから復活する可能性があるものではありません。

 

つまり返ってくる希望が一切なく、今後復活を信じてドキドキする楽しみもないという最悪の損失です。これが俺が初めてうろたえてしまった原因かもしれません。

 

 仮想通貨なんかはもちろん今の100万円を超える損失が補てんされるほど値上がりが今後あるなんて期待もしていませんが、それでもなんかドキドキできるわけです。一発逆転あったら楽しいなぁ、銀行がXRP使いだしたらいくらくらいになるんだろうなぁ、って。

 

 ソーシャルレンディングに関しては案件や業者が飛んでしまったらもうお手上げ状態で、無力です。ホント100万円をどぶに捨てたようなものです。

 

 俺のキャパシティはそんなに大きくなかったようです。

 

ちょっと面舵いっぱい

「面舵いっぱい」という言葉が俺は結構好きなんですが、ちょっとここで面舵いっぱいを使おうかと思っています。

 

今日フォローさせていただいているナディアさん(彼女もまたソシャレの損失があったようです)という方のブログを拝見し、とても共感しました。

 

俺も投資を当てにせず、ちょっと投資に距離をおいて仕事がんばろうかなって。

 

昨日「投資と向き合いすぎるのは辞めた方が良い」とブログを書きました。最後に「自分に言い聞かせてます」とも書きましたが、これは正直100%自分にあてた記事で、一番投資に向き合いすぎていたのは俺自身です

 

仮想通貨の損失と同じ100万円でも、覚悟していたものと、そうでないものはこれだけ違うんですね。

 

 あれだけ楽しみにし、あの株を買おうこれを買おうと考えていたボーナスですが、一旦現金として保有することにします。もしかしたら少しくらい株を購入するかもしれませんが、全部は投下せず、現金を多くもっておきます。

 

なんだかんだPCのネット銀行画面に映る数字が一番安心させてくれますからね。

 

株式はどうする

面舵いっぱいといっても株式を辞めたりはしません。つみたてnisaももちろん継続です。

 

今現在株式には600万円近くの評価額がありますが、これを売ることはありません。→※舌の根も乾かぬうちに売ってしまいました(笑)

 

ただ全力での買い増しをしないということです。これまでは1000万円くらいまでは全力で行こうと思っていましたが、スピードを落とし、ゆっくり行きます。

 

それほど今回のソシャレのデフォルトには落ち込みました。

 

仕事と副業をしばらくがんばる

俺は現物で美容サロンを経営しています。従業員も1名いますし、本業もあります。

 

少し投資に距離をおいて、現金を「投資」ではなく「労働」で増やそうと思います。そして今後行う投資活動は株式のみとします。

 

ソーシャルレンディングはガイア案件以外にも200万円近い投資をしていますが、これらは返ってくればラッキー程度に考えます。

 

 本当に思えば思うほど、焦っていたのかもしれません。三菱サラリーマンさんやFIRE等の記事を見て「俺も早く経済的自由を得たい!」と。

 

初めて10万円株式に投資をした日を今一度思い出して、「倹約」と「労働」という原点に一度帰ってみます。

 

 では 

 

スポンサーリンク