社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

日産問題。橋下弁護士の見解が的を得ていると思う理由

f:id:kei-blog:20181123191027j:plain

今日こんなニュースを目にしました↓

 

橋下徹氏がゴーン容疑者の逮捕劇に見解 「日産の経営陣がバカ」 (2018年11月23日掲載) - ライブドアニュース

 

橋下さん曰く、ゴーンさんの助けが必要なほど日産をダメにした経営陣をディスっているわけですね。

 

日産の危機を救ったのはゴーンさん

元々倒産寸前であった日産はルノーからの資金を得て倒産を回避した経緯があります。そしてその経営再建の為に日産に送り込まれたのが当時ルノーの副社長であったゴーン氏です。

 

昔はトヨタにも迫るほどの販売シェアを誇ったこともあった日産ですが、その大手と言う看板にあぐらをかいていたのかもしれません。営業利益率がそれほど高くない大手企業は経営陣のかじ取り一つでこのような経営危機に陥ることがありますよね。

 

かじ取りどころか、大手で上役に就いた人間はその権限ばかり振りかざす傾向があります。一番わかりやすいところでは人事権ですね。数字を上げることより、人事です。

 

「来年は〇〇を異動させる」「その次の年は〇〇をうちの部に連れてくる」そんなことばっかり考えてます。

 

例えばP&Gのような地球規模のブランド力を誇り営業利益率が高い企業であれば上役が無能であっても会社は利益を出し続けるでしょう。しかし自動車業界のように利益率が高いわけでもなく、景気に左右されやすい会社で上役が無能であったなら、利益を出し続けるのは不可能というものです。

 

橋下さんのいうように日産の経営陣が無能であったかどうかはわかりませんが、もしそうであったなら日産クラスの会社ではすぐに経営が傾くのは当たり前ですね。

 

国内大手企業の上役は無能が多い?

主観ですが国内の大手企業の上役は無能が多いと思います。

 

そもそも日本企業は、異色を放つもの、自分の地位を脅かすものを左遷や村八分にすることによって従業員の会社への忠誠心を誓わせる傾向があります。だから上役は自然とアホやポンコツばかりになる傾向があるわけです。

 

あなたの会社の役員も、叩き上げってほとんどいないのではないでしょうか。

 

俺が左遷された身だからこんなこと言ってるわけじゃないですよ。本当に大手企業はたたき上げの役員ってすごい少ないですからね。まったく優秀ではない人間ばかりが部長以上になります。

 

俺の感覚で一番優秀な人が多いのは課長か副部長とかあたりですかね。

 

普通のサラリーマンをやったことがない橋下さんがなぜこのようなことがわかるのかは疑問ですが。弁護士だから色んな企業の内部を見る機会があって、実際に働いていなくてもわかるのでしょうか。

 

 

関連記事↓

 

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク