社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

楽天経済圏への移行手続きが最終章に入りました

f:id:kei-blog:20181115110321j:plain

 

10月に楽天経済圏への移行を決意してからの俺の素早さは尋常ではないです。

 

 普段の仕事は遅いですが、自らの利益になることとなると自分でも感心するほどの早さです。こういう時の俺は「手が2本とは思えない」ともっぱらの噂です。※ウソです

 

今回移行した項目

  • 楽天カードの開設
  • 楽天銀行の開設
  • 楽天証券の開設
  • クレジットカード(楽天カード含む)の引落口座を楽天銀行に変更
  • 家賃などの引落口座を楽天銀行に変更
  • 電気、ガス、各種公共料金の支払いを他クレジットから楽天カードに変更
  • 楽天市場、zozo、ラインモバイル等のクレジットカード情報を楽天カードへ変更

 

 結構がんばりました。俺は仕事をダラダラと持ち越すことが大嫌いなので、やるときは1つ残らず一気に片付けます。

 

 紙にやるべきことを書き出して、手続きが完了したらマーカーで塗りつぶすという作戦で、一気にここまで仕上げました。

 

 残すは、nisa口座の移行及び積立投信のクレジット払いの設定ということになります。

 

 俺は積立投信はnisa口座でしか行っていないので、積立設定はnisa口座が移管されてから行うことになります。

 

 現在はSBI証券から「非課税管理勘定廃止通知」を取り寄せ、楽天証券への郵送が終わったところなので、あとは税務署と楽天証券のやり取りがスムーズにいけば無事、楽天証券でつみたてNISAができることになります。

 

 そうすれば月33,333円の積立投信を楽天カードで支払うことができ、毎回333円がポイント還元されることになるわけです。

 

 やっぱりやるべきことは忘れないうちに一気にやったほうが良いですね。最初はめんどくさがって二の足を踏んでいた楽天経済圏への移行ですが、一気にやればすぐ終わりました。

 

移行をやってみた結果

 楽天は今や、生活の全てをそれで賄うことができますから、ほんとポイントざっくざくです。

 

 俺の場合普段の生活用品はほとんどをドラッグストアとイオンで賄っています。しかし生きていると食費以外に必ずイレギュラーで買物しなくてはいけないものが出てきます。

 

 俺は最近ではそれが洗濯物干しだったり、革ベルトだったり、Yシャツだったり、こたつだったりしました。

 

 そのイレギュラー出費はドラッグストアで買えないものが多いので、それを楽天市場で買うようにします。今後は普段からのポイントざくざくで、結構タダで買物できるようになりそうです。

 

 ほんと、楽天ポイントの威力は無視できないどころか、確実に生活に影響してくるほど、良い制度です。

 

楽天カードの申し込みはこちらから→楽天カード新規入会キャンペーン

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

スポンサーリンク