社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

【FIREという生き方】ケチであることは恥ずかしくない

f:id:kei-blog:20181111110727j:plain

おもしろい記事を見つけました。

 

 

若い世代の過激とも言える解決策―「Financial Independence, Retire Early(FIRE=経済的自立と早期退職

 

 このように貯蓄と倹約に努め、早期退職を目指すことを「FIRE」というそうです。このような造語が出てきたこと自体、驚きですね。

 

三菱サラリーマンさんというブロガー

 この記事を読んで配当金投資家はほぼ間違いなく「三菱サラリーマンさん」を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

 出来るだけ給料の良い会社で、出来るだけ支出を抑え、出来るだけ高配当な個別株へ投資をし、出来るだけ早期リタイヤを目指す、という生活をされている方ですね。この界隈では有名で俺も良くブログを参考にさせてもらっています。

 

 三菱サラリーマンさんは収入の7割を投資に回しているそうですが、そこまで切り詰められるのは尊敬しかありません。

 

 しかも切り詰めると言っても、おそらくそれなりの生活はされていると思います。無駄を圧倒的に制御しているだけで、必要なものまで制御されてはいないはずですから。

 

俺の理想の生き方ですね。

 

 無駄を圧倒的に排除して必要なものだけで生活し、「蓄財期」と呼べる期間で出来るだけ高配当株を買う、という生き方は、俺はまだここ1年程度しかできていませんが、少なくとも5年は続ける予定です。

 

 そこに未来の利益があると信じているからです。

 

不必要なものが意外と多い

 FIREな生活って人によっては「そんな生活苦しいでしょ?」と思うかもしれませんが、慣れてくると本当にゲーム感覚で楽しくなってくるんですよね。

 

 俺は最近、以前はめんどくさかったクレカや電子マネーのポイント貯めなんかも、初期設定や初期調査が本当に楽しくて楽しくて仕方がありません。

 

 最近は楽天経済圏へ移行しましたが、その際も初期調査や複雑なキャンペーンも1件でも見逃さないように調査していた時間はまったく苦痛ではなく、楽しかったのです。

 

 通常人は「お金を使う事」に喜びを感じますが、そうではいけないと、筋トレやランニング、バスケット、簿記の勉強等、無料で幸せを感じることを増やしました。今は無料どころかお金がもらえるポイントやキャンペーン調査に幸せを感じるようにもなっています。

 

 その結果、先日ルミネでSUICAポイントを使い無料で買物を楽しみましたが、お金を使ってする買物より、ポイントを使って無料でする買物のほうが満たされるようになりました。

 

まとめ

 今俺はお金を使うと、幸せどころか「苦しい」ほどです。株の購入だけは幸せを感じますけどね。

 

 ルミネ商品券で彼女に服をプレゼントしましたが、彼女はとても喜んでくれたと思います。内心はわかりませんが(笑)

 

 これって女の子によっては「ドケチ」認定されて嫌われることもあるのかもしれませんからね。

 

 しかし、僕ら凡人って他人の目を気にしているほど人生って短くないんですよね。ケチであることはまったく恥ずかしくありません。その結果得られるものがあるのであれば、堂々とケチを貫きましょう。

 

 他人の目って自分が思っているほど自分に向いていませんからね。実際俺はまだその子にフラれていません(笑)

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

スポンサーリンク