社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

家族名義のつみたてNISA活用の仕方

f:id:kei-blog:20181103141917j:plain

俺は今NISAではなく、つみたてNISAを活用中です。色々考えた末に、将来の利益を重視するということで期間の長いつみたてNISAにすることに決めました。

 

しばらくの間ひふみを枠いっぱいに積立てしていたのですが、家族のNISA口座を使わせてもらったら楽天VTIも買えるなぁと思った瞬間にスマホを握って兄貴に電話していました。

 

つみたてNISAの内訳

兄貴に事情を説明し、俺が全ての段取りをして資金も全て出し、もし20年後利益が出たら還元することも約束し(長いw)口座の開設をさせてもらうことにしました。

 

これで俺は年間80万円のつみたてNISA枠を手に入れることに成功したわけです。

 

今現在

  • 俺の枠  楽天VTI→33,333円(月々めいっぱい)
  • 兄貴の枠 ひふみ→15,000円(18,333円分の枠残し)

を積立ていますが、いずれVTIが暴落したら兄貴の残りの枠に楽天VTIを組入れようと思っていましたが、思いの他早くに値段が下がりましたね。

 

まだ暴落とまでは言えないでしょうが、少しくらい兄貴の枠にも楽天VTIを入れるかもしれません。

 

そうなるとつみたてNISA枠だけで月々5万円以上を超える額の積立てをすることになり、個別株を買う楽しみが少し減るかもしれません。12月はボーナスがあるので問題ないですけどね。

 

やめられない個別株

利益だけを単純に追い求めるならVTIとVTの二本を永遠に給料から買増しするだけで事足りると考えます。

 

しかし、個別株のおもしろさはやめられませんね。投資をしているという感覚をモロに感じることができますし、色々業績や商品を考えてタイミング投資するのもすごく悩んだりしますが、その悩みさえ楽しいんですよね。

 

どうせなら利益と楽しみ両方ほしいですから。ETFだけだとさすがに少々退屈すぎます。

 

 

まとめ

今現在楽天証券の口座開設申し込み中です。

 

楽天経済圏へ引っ越しするタイミングで証券口座もきっちり申し込みました。楽天証券ならなんと月5万円まではクレジットカード払いで積立ができるので、今NISA口座もSBIから楽天への移行計画を進めています。

 

うまくいけば来年からVTIを月々積立てつつ、その額の1%の還元を受けることができます。ですから1月からは

 

俺の枠→33,333円

兄貴の枠→ひふみ15,000円+楽天VTI 5,000円 

 

月合計53,333円を積立てようと計画中。ますます節約にはげもーっと。

 

では

 

 

関連記事

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク