社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

楽天経済圏の台頭。次から次へと出るお得サービスにその都度乗り換えるべきか

f:id:kei-blog:20181025131612p:plain

最近は楽天経済圏の台頭がとんでもないことになっていますね。

 

もはや生活のほぼすべてを楽天でまかなえてしまいます。買い物はもちろん、電気も、クレジットカードも、銀行も、投資も、スマホも、旅行も、ふるさと納税さえも、なんでもござれです。

 

これらのすべてに楽天ポイントが発生し、還元されるようなので、生活のすべてを楽天にすればかなりお得になることは間違いなさそうです。

 

うーん人生は長いので、一生得ができ続けられるなら楽天経済圏へ移住することも考えなくてはいけませんな。何しろ俺はコスパ最強を目指す男ですから。

 

楽天経済圏へは行かないことにしました

結果から言うと楽天経済圏への移住は辞めておきました。

 

色々と調べてみたのですが、楽天で一番ポイントをお得にもらおうとすると結構複雑です。いろんなサービスがありすぎですしね。

 

俺はやるからにはトコトンタイプなので、1ポイントの取りこぼしも許せなくなってしまいそうで、楽天での生活を想像したときに「ちょっと苦労しそうだな」というのが正直なところです。

 

俺は証券会社も銀行もSBIですし、これを楽天に移行するのも正直めんどくさすぎでした。株も一度売るわけにもいかないので、どうしても2つの証券会社で管理することになりますし、銀行口座もクレジットカードもこれ以上増やしたくありません。

 

ポイントの為に生活のすべてを変えるのはいささかコスパが悪いと結論づけました。

 

suica経済圏

 今俺はビューカード(suica機能付き)で生活しています。いわゆるsuica経済圏ですね。

 

勤め人をしているともちろん交通費が支給されるのですが、それすらもポイントに還元できますからね。自分の懐を痛めることもなく現金をもらえているわけですから、サラリーマンにとってsuica経済圏での生活は必須だと考えます。

 

コンビニはもちろん、イオン、カフェ、ドラッグストア、今ではららぽーとなんかでもsuicaは使えます。そしてそれを一番還元率の良いルミネ商品券に変えて、無料でルミネで買い物をするのが毎年の楽しみです。

 

元々超浪費家だった俺は服を買うことが大好きで、今では散財はしませんが、ルミネの商品券の範囲で買い物をして満足感を得られるのでとてもコスパが良いと思います。

 

1年で1回くらいは服をバッと買うのはやはりとっても気持ちが良いものです。基本的に自分へのご褒美という言葉は嫌いですが、ここでは財布の中から出しているお金ではなく、ポイントでの買い物ということで「日頃節約している自分へのご褒美」をしています☆

 

まとめ

これからもどんどんその企業の経済圏というものは新しく生まれてくると思います。ドコモやKDDI、amazonなんかもそうですよね。

 

それらお得なものが出るたびに乗り換えることは不可能ですし、コスパが悪いので俺はsuica経済圏にとどまることにしました。

 

今、冬の買い物用に手元にルミネ商品券が3万円分くらいありますが、全てを楽天にしたらこれが5万円分くらいになるのかもしれません。生活の全てを切り替えるという結構な労力をかけて2万円得するくらいなら、やめておきます。

 

左遷されてから、いつでもその労力に見合っているか、割りにあっているか、を考えて生活してきましたからね。

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク