社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

そろそろ宅飲みを辞めたい男

f:id:kei-blog:20181020141358j:plain

それなりに苦労して今の会社に入ったわけですが、左遷されて目を覚まし、人生を豊かにするために走り出しました。

 

左遷される前より明らかに考えて行動することが多くなりましたし、全てにおいての行動も素早くなりました。ダラダラする時間を筋トレにあてるようになったのも左遷されてからのことです。

 

こう考えると左遷って「人の目が気になること」以外良いことばかりですね。

 

左遷されて辞めたこと、始めたこと

 俺には左遷されて(目が覚めて)、辞めたこと、始めたことがいくつかあります。

まずは辞めたこと

  • 飲み会の参加
  • ミンティアを買うこと
  • 服などの無駄買い
  • 外食

始めたこと

  • 配当金投資
  • 筋トレ(まぁ以前からちょこっとはやっていましたが)
  • 美容サロン経営
  • ふるさと納税
  • 格安sim
  • 有休の権利行使

ふむ、こうしてみると中々良い流れで、全てがお金にとって良い動きとなります。筋トレも、今まで時間があると買い物に出掛けたりカフェに行ったりしていましたが、それをなくしてくれますからね。とにかく暇があれば筋トレに限ります。

 

ミンティアなんて毎朝のようにコンビニで買っていましたが、まじで無駄金でしたね。スッパリ辞めました。ふるさと納税のおかげでティッシュとトイレットペーパーはもう何年も買っていません。

 

そろそろ宅飲みをやめるべきか

最近宅飲みを辞めるべきかどうか考えます。

 

俺は基本的に毎晩1、2本ですが発泡酒を飲みます。食材を買いにスーパーに行くと金麦の500m6本入と350m6本入を1箱ずつ買うので、これを辞めると毎回の買い物が1700円程度少なくなります。

 

1本100円ちょっと、と考えると少ないですが、総額で考えると結構な値段ですよね。一回の酒代でスマホ代が払えてしまいます。

 

しかし、夜落ち着いた時に飲む発泡酒は、人生の幸せと言っていい程うまいものです。たまに我慢して飲まない日を作ると、朝起きた時に「あれ、結構飲まなくても大丈夫だな」と思えるのにまた夜になると飲みたくなるんです。不思議なものですね。

 

そこで俺は少しずつ量を減らしてとりあえず仕事が休みの前の日だけは飲んでOKというルールを課してみようかなと思っています。

 

例えば俺が太っていたりしたら絶対やめられる自信があるのですが、なんせトレーニングしすぎてしまい太るということがあり得ないので、難しい挑戦になると思いますが、さっそく来週からやってみます。

 

そして徐々に完全撤退を目指してみます。

 

まとめ

俺は基本的に「我慢をする節約」が嫌いです。

 

超ウルトラたまに外食したときに食べたいもの食べないとか、冬なのにお湯使わないとか、ガソリンがもったいないから車乗らないとか。

 

ですからポイントはいかに「酒を我慢しなくても良い状態にもっていくか」です。

 

 酒を飲まないことが普通になりたいのです。小学生って酒飲みたいと思っていませんよね?あの感覚です。

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

 

 

 

スポンサーリンク