社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

投資で増やそうとしたら100万円以上損した話

f:id:kei-blog:20181013201119j:plain

人の不幸話っておもしろいって言いますけど、ほんとですか?

 

僕がおもしろいと思う不幸話は彼女に妙なエロ本がバレて振られたとか、会社の飲み会でおっさん同士がくだらない理由でケンカしだして胸グラのつかみ合いになったとか、笑える不幸話です。笑えないような他人の不幸話は嫌いです。

 

100万円損しました

笑える不幸話をしたいと思います。

 

自分は仮想通貨にも手を出していますが、2018年当初はバブルによって一時200万円くらい含み益がでました。そこでアホな俺はまだまだイケると過信して売らず。

 

そしてバブルが崩壊して一気に値を下げたわけですが、値を下げたことをチャンスと踏んだ俺は少しずつ買い増しをし、気づけば150万円くらいを投入していました。

 

そして現在保有する仮想通貨の評価額は40万円。つまり110万円の含み損です。

 

結構痛いですよね。いや、結構どころか普通にカツカツのサラリーマンだったら死活問題じゃないですかね。

 

以前の記事でも書きましたが、株式投資金額を早く1000万円にしたいのにこんなところで100万円以上の損を出している暇はないのですが、結果的にこうなってしまいました。

 

「明日お金持ちになりたい」と思うとこういう結末が待っているのですね。

 

時々悔やんでしまう

今ではもう仮想通貨のアプリはあまり開かないようにしています。いわゆる現実逃避ですね。

 

40万円だけでも利確して回収すればよいのかもしれませんが、もうその気力もありませんのでゼロだと思って放置します。

 

先日の米国株の暴落時、直近の生活資金を残したうえでの投資余力を全て使い切りました。まぁ正確には会社から天引貯金されている現金もあるので全てではないですが。

 

 

こんな時よく思い出します。「あぁ仮想通貨に投資した150万円があればなぁ」と。あの時売っておけば、せめて50万円くらいの投資にしておけば、もうそんなことばかり考えてしまいます。

 

まとめ

タイトルは「投資で増やそうとしたら」と書きましたが、仮想通貨は投資ではなくただのギャンブルですからね。

 

1円も使わない日があったら飛び跳ねるくらい喜ぶドケチ番長の俺が150万円をドブに捨てた話、笑える不幸話でしょ。

 

皆さん笑ってください。

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

スポンサーリンク