社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

学校の先生に進路の相談はしてはいけない

f:id:kei-blog:20181006084606j:plain

こんにちわ。けいぼです。

 

 いきなりですけど、自分が進学する時とか就職する時って学校の先生に相談することが普通だと思うんですけど、それって絶対やめたほうがいいですよって話をしたいと思います。

 

グーグル先生の時代

 親御さん世代からしたら、自分が学生だった頃の「先生」というものが時として止まっていることが多いです。色んな生徒の進路相談にのって、色んなアドバイスをくれた昔のままのイメージですね。

 

 今はその時代とは比べ物にならないほどネットが発達しました。自分の才能や性格は自分が一番良く分かっています。それを踏まえて学校の先生に進路相談するくらいならグーグル先生に進路相談する方が確実に良い方向に進めます。

 

 もうここは純粋に普通に考えてください。例外等を考える必要はありません。世界中の情報が詰め込まれているグーグル先生と、大学を卒業して普通に教師になったボンボン太郎先生とどっちが優秀だと思いますか?

 

 単純な話で、進学するなら日本中の大学の入試情報や取得できる資格情報まで一瞬で手に入りますし、就職するなら新卒就職サイトがいくらでもあります。なぜ学校の先生という社会に一度も出たことがない人に相談する必要があるのでしょうか。

 

 先生には成績表や内申書など、必要なものを用意してもらえば良いだけです。自分の進路は親とグーグル先生に相談するべきです。教師って勉強ができるだけのただのバカが多いですからね。

 

姪っ子の進路相談

 俺には大学生の姪っ子がいます。兄貴の子供です。その姪っ子が高校3年生の時にやっぱり教師に進路相談をしたのですが、結局進んだ道は片道2時間かかる、学費がめちゃくちゃ高い私立大学でした。

 

しかも姪っ子は将来何になりたいかも決まっていない状態で、大学に何がやりたいか見つけに行くと。

 

 ちょっと良い家の子たちが行く大学だったので、ネームバリューで大学を決めたようなものです。俺はその話を聞いた時「毎日往復4時間かけて、しかも普通の大学より高い学費なら絶対にやめておけ」とアドバイスしておきました。

 

「交通費はいくらかかるんだ?」と聞いても「え?調べてない」との回答。高校3年生なんてこんなものです。俺がその場で調べてやると半年定期でなんと20万円。

 

 この額にはさすがに姪っ子も兄貴も驚いていましたが、俺が調べてからようやく驚くような想像力と知能しかないわけです。姪っ子も兄貴も、そして教師もです。

 

 普通そんな遠いなら一発目に交通費のことが頭に浮かぶのが普通だろと。マジで時間と金の無駄です。

 

教師の判断は

 後日、姪っ子に進路を結局どうしたのか聞くと

 

 学校の先生に交通費とかのことも含めて相談したら、「交通費が高いとかで将来のことを決めるな!」と言われたそうです。

 

もうバカすぎて何も言えませんね。

 

高いからこれは買えないとか、安いからこれは買えるとか、そういうことの積み重ねでこの国の誰しもが暮らしています。

 

 別に俺の金じゃないので、将来なりたいものが決まっていなく、それを大学に見つけに行くのが悪いとはいいませんが、それなら一番近くの大学で一番学費が安いところに行けば良いだけです。

 

 素材はユニクロと変わらないのになぜかブランド物の服を着たがる金持ちババアと変わりませんね。いやユニクロでいいだろと。

 

まとめ

この出来事からもわかるように教師に進路相談すると本当にろくなことがありません。

 

 教師に進路相談をするということは、八百屋にロケットの打ち上げ方を聞くようなものであり、あなたの手元のスマホにはグーグル先生という偉大な先生が24時間いつでも進路相談に乗ってくれます。

 

「教師」って何か特別なもののような響きに聞こえるかもしれませんが、そのほとんどがたまたま職業に教師を選んだ、社会を知らない普通のおっさんです。

 

進路を決める際はどうぞ気を付けてください。

 

では

 

 

 関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク