社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

工場で機械的に働くような人をバカにするやつが大嫌い

f:id:kei-blog:20181005222937j:plain

こんばんわ。けいぼです。

 

自分は実家がちょっと変わった家庭だったので普通の大学に行くためのお金は当然なく、でも大学卒業しないと大手企業に入れないとわかっていたので通信制の大学に行きました。

 

通信制は普段大学に通う必要はないので、昼間働くことができます。大卒の資格を取れて大学費用はハナクソみたいなもので仕事もできてと、通信教育学部は本当に良い制度です。

 

工場で働いていた

通信制の大学に行っているときは工場で働いていました。印刷物の工場で夜勤もある会社です。

 

 2週間ごとに昼勤と夜勤をこなすのですが、やっぱり夜勤はつらかったですね。機械は24時間動いていますから、夕方6時から朝4時くらいまで働いているとさすがにこたえました。

 

時間の感覚もおかしくなってくるし、何より体調が悪くなります。一番ひどかったのは便秘です。排泄がうまくできなくなり、おなかが張ってつらかったなぁ。

 

仕事内容は一晩中、シリンダーと言う印刷物を刻印した鉄を機械に入れてスイッチを押すだけです。これを朝の4時までです。

 

仕事を変えるのものめんどくさかったし、何より給料は本当に良かったので結局大学卒業まで続けました。ボーナスはさすがに比較になりませんが、毎月の手取りは夜勤手当がついた分、今の会社より良かったですからね。

 

当時は投資もなにもしていませんでしたが、ここでのちに生きてくる種銭を結構貯めることに成功しました。結果論ですが、就職するときには新卒22歳なのに奨学金の借金どころか、貯金が300万円くらいあったと思います。

 

工場勤務の人を尊敬しています

夜勤工場のつらさを誰よりも知っている俺は、工場で働いている人を尊敬しています。ずっと立ちっぱなしで一晩中ずっと同じをことを繰り替えすだけですからね。朝太陽が昇ってくると本当に頭がおかしくなりそうになったものです。

 

 今は大手企業に就職し、自席でコーヒーも飲めますし、午後から用事があれば有休で早上がりすることも可能です。

 

当然自分の身の振り方を考えて行動した結果なので、工場で働いている人は自己責任と言えばそうですが、俺は工場でずっと働いている人を尊敬しています。あのつらさを知っていますから。

 

生活の為、家族の為に辛くても耐えて働いているわけです。本当に尊敬ですよその責任感に。親に大学まで行かせてもらってメシと住むところまで用意してもらった上で就職せずにブログ書きますとか言ってるバカ大学生の責任感のなさと比べたくもないですが比べたらもう・・・・何も言えません(笑)

 

うちの会社には工事現場の職人さんとか工場の機械的な仕事をする人をバカにする人間は多いですが、そういうやつらを見るとぶん殴りたくなる衝動に駆られます。

 

まとめ

俺はバカで真面目な人が大好きです(工場の人がバカと言っているわけではないですよ)。なんというか、かわいい純粋な子供のような人。

 

工場で一晩中機械に鉄をセットしてスイッチを押すだけの仕事はバカでもできるかもしれません。しかし頭の良いやつはこれを続けることはできないでしょう。

 

それだけで機械的作業を行う工場勤務の人には頭の良いやつより優れている部分があるのです。なめんじゃねーよって話です。これが言いたかった!

 

では

 

 

関連記事

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

スポンサーリンク