社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

月の生活費はいくらなのか計算してみた

f:id:kei-blog:20181001215553j:plain

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

以前、経済的自由を達成するのは配当金額が月15万円になるのが一つの目安になると書きました。今日はその根拠です。

 

2018年9月の支出はいくら?

相変わらずのテキストベタ打ちいきますよ~

 

  • 家賃       85,000
  • 駐車場         7,500
  • 車検保険積立     11,665
  • 自宅ネット       4,730
  • スマホ            2,000
  • アパート更新積立  3,700
  • ガス水道電気     10,314
  • ガソリン        8,590
  • 食費          4,944
  • 飲み会          8,300
  • デート          16,800
  • 楽天VTI        33,333
  • ひふみ投信        50,000

 合計支出 246,876円

 

これに対し給料は

 

 収入手取り 269,071円

 

 差引 +22,195円

 

9月は日帰り旅行に行ったのでデート代とガソリン代が多いです。あとは俺にはめずらしく飲み会が2回もありました。月に2回も行くことはとても稀なので来月からはこんなにかかることはありません。

 

こうやって見るとやっぱり家賃が高いですね。しかし俺には駅近に住むという選択肢以外はありません。駅近は何かと時間短縮に有利に働くので人生を豊かにしてくれますから。

 

食費に関しては実家が畑をやっていることから余った野菜を常にもらい、おかずがゼロ円で済んでいて、かなり抑えられています。月々5,000円を切ったのは初めてかもしれませんが。

 

肉は楽天でムネ肉真空パックを大人買いして少しづつ消費しています。俺のように舌バカであるということは本当に得です。何食っても最高にうまいですからね。

 

 そして楽天VTIとひふみはあえて生活費としてカウントしています。
しかし月々の収支が+22,195円じゃあ毎月個別株買うなんて全然不可能ですね。

 

現在はボーナスが一度の支給で100万円強ありますので、それを徐々に取り崩して2ヶ月に1回程度買い増ししている状況です。

 

経済的自由を達成するには

支出の246,876円から積立てている楽天VTIとひふみを引くと163,543円です。ひふみの50,000円の積立は来年からは積立nisa枠の33,333円になる予定です。今年は家族名義の積立nisa枠を年度の途中から使わせてもらっているので50,000円積立てています

 

つまり月々の生活にかかる支出は約15万円となり、これが経済的自由の達成額の根拠です。

 

9月の配当金は20,958円でした。ソシャレの分配金を合わせると45,476円ですが、やはりそこは安定している株の配当金のみをカウントしたいところです。

 

うーん先は長い

 

では

 

 

関連記事↓ 

www.sasennin.com

 

 

 

スポンサーリンク