社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

手頃な掛け金で安心。怪我をしたので傷害保険を申請するという話。

f:id:kei-blog:20180924131008j:plain

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

以前Twitterでも少しつぶやきましたが、足を怪我してしまいました。バスケをしていた時に思いっきり捻挫をしてしまい、とても痛かったんですが、そのまま数日間放置していたらパンパンに腫れてきて歩行困難に。

 

これはちょっと嫌な予感が・・・ということで病院に行きました。

 

剥離骨折

レントゲンの結果「剥離骨折」であることが判明。まぁ時間は経てば痛みは減るのが普通だけど、時間が経つにつれて痛くなっていたのだから嫌な予感が的中したと言ったところです。

 

レントゲンは5千円近くしたけど、自分は会社で入れる「医療保険」に入っています。毎月給料から保険料が天引きされる度に「もったいないかな・・・」と感じていましたが、こういう時にキチンと保険金が下りるのはとても安心です。本当に助かりました。

 

普段から生命保険の不要論者である自分も保険料控除(自分の所得から保険料を差っ引いてくれて所得税が安くなる制度)が適用される範囲内の保険に入っており、その保険料は月2千円程度です。

 

会社で入っているのだから普通より割引が適用されていると思いますが、この2千円さえ、「解約しようかな」と思っていた俺は今回のことがあってスポーツをやっている内は入っておこうと改めて思い直しました。

 

保険金がいくら入ってくるかは今後の診療次第ですが、ギプスを巻かれ、何日か病院通いとなりましたので3、4万円は下りると思います。

 

うまく回り出したお金のこと

 このことがあり、ふと思いました。「最近お金が上手く回り出しているな」と。以前までは浪費癖があり、消費も多くお金に関して損していることが多かったと思います。自分が入っている保険のことにさえ無関心で、当時はバスケで指を怪我(たぶん折れてました)をしても保険金の請求がめんどくさいと申請しなかったこともあります。

 

 しかし配当金積み上げ人生に切り替えてから物欲がなくなり、お金を使うことで感じていた幸せがどんどん減り、逆に無料である筋トレをして感じる幸せは上がっていくという好循環になっています。

 

 勤め人としての給料は日本人の平均年収を上回っています。加えて格安sim、ふるさと納税、電子マネーとクレジットによるポイント術、株式配当金、ソーシャルレンディング分配金、最後に骨折からの保険金(今まで怪我しても申請していなかった自分がバカw)、と人生において「お金に関する無駄」というものが随分とそぎ落とされてきたように思います。

 

まとめ

明日お金持ちになるという考えを捨て、牛の歩みのようにゆっくりと、かつ退屈な相場と節約術を確実に重ねてきたことにより、数十年経たないと感じることができないはずだった未来の利益を、今すでに感じ出してきています。

 

 今回は自分の行っていることは間違っていないんだと再確認させてくれた「骨折」でした。

 

やっとギプスが外れてスッキリした足で、歩けることの幸せを感じた日のブログ更新です。 

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク