社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

千葉市飲食店が原則禁煙になりJT株が暴落。「暴落時の買増し時」は結構頻繫に来る事実

f:id:kei-blog:20180920223345j:plain

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

千葉市の従業員のいる屋内飲食店が原則禁煙となりました。従わない場合には5万円の過料もあるそうです。本当に喫煙者には厳しい世の中になってきましたね。

 

お店側の気持ち

 飲食店側の気持ちとしては複雑でしょうね。喫煙専用室があれば吸えるようですが、昔から営業している個人店などでは専用室の設置は無理でしょうし、タバコを吸うお客さんが専用室完備の飲食店に取られてしまう可能性があります。

 

でも今後は逆に、そのお店の味は好きだけど喫煙可能だから行かなかったというようなタバコ嫌いのお客さんが個人店に入るようになり、逆にお客さん増えた!みたいなこともあるのでしょうか。こればっかりはふたを開けて見ないとわかりませんね。

 

きましたJT暴落

もう最近はまったく動じなくなってきました、タバコ銘柄の暴落です。日本のイチ地方都市の条例なのでフィリップモリスなどの株価に影響はないと思いますが、JTはそのニュース後に株価-70円で2,920円程度に。

 

利回りは5.13%となり中々の割安感、買い増ししたい。しかし先日の通信株暴落の時KDDIを買ってしまい現金余力がない。うーん残念。

 

常に現金を持っておくのってこういう時の為にってことなんですよね。しかも「こういう時」ってあんまりない印象だけど以外にあるんです、特にタバコ業界は。通信業界はあんまりないだけにこないだの暴落時は本当に悔しかった。KDDI100株は買増せたけど、本当は200株は買いたかったし、これを機に以前から気になっていたドコモ株を買うこともできたのに。

 

まぁそこは縁がなかったと思うことにします。

 

まとめ

「暴落時に買い増しするため」「いざという時のため」というと、あんまり起きない出来事のような言い回しだけど、実際は結構いざという時って起こり得るんですよね。

 

PMも決算時に暴落しましたし、今回の千葉市の条例もそう、国が通信費削減余地があると言えば簡単に通信銘柄も暴落。

 

また一つ勉強になったと思うことにして、悔しがるのはほどほどにし、「暴落」と「いざ」は結構な頻度で起こりうる、と肝に銘じておきたいと思います。

 

 

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク