社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

世の旦那ディスに見る承認欲求の異常

f:id:kei-blog:20180920105546j:plain

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

「夢見て50万円を超える高額契約も!オーディション詐欺が急増」というニュースが飛び込んできました。↓

news.livedoor.com

「君には光るものがある」などと相手を喜ばせておいて最終的にレッスン代等をだまし取るものです。 相手の心をくすぐる、「承認欲求詐欺」と言えますね。

 

自分は今のところ詐欺にあったことはありません。しかしたまに「高額当選しました!!」という、数撃ちゃあたるというような詐欺メールがくることがありますが、引っかかる人は超少数だと思います。

 

しかし今回の「オーディション詐欺」というものは2016年から2017年にかけて倍増しているそうで、もしかしたらとても多くの人が引っかかっているかもしれません。

 

日本人の承認欲求は異次元

 日本人の承認欲求にはとてつもないものがあります。最近では「フリーランス」という言葉がTwitter上でブームですが、「自分充実してますアピール」がすごく、目に入ると少し引いてしまいます。

 

 まるで会社員になったら首輪をつけられて、24時間拘束されてしまうかのようにサラリーマンをディスり、「好きなことをしている自分」がとてつもなく充実しているかのように振る舞うその姿は少し異常でそれは「承認欲求」そのものです。

 

 イケヤハさんのように承認欲求をわざと見せつけてPVを稼ぎ、それを仕事としているような人はまた違うのかもしれませんが、それを真に受けて本当に仕事辞めたり親に大学まで行かせてもらって「就職しません!」「好きなことをするのは親不孝じゃない!」などとゴリ押しする若者は、正直言ってバカです。

 

 大手企業に入れば年間休日は150日です。社会保険料を半分も会社が負担してくれて、病気をしても一定以上お金がかかることはありませんし、生命保険に入らなくても自分が死亡すれば配偶者に遺族年金がほぼ永久的に支払われます。そういった社会のシステムを知ろうともせずに脊髄反射で就職したくないと言っているだけの、承認欲求モンスターです。

 

承認欲求につけこむと人はたやすい

イケハヤさんの周りを見ているといつも思います。他人の承認欲求につけこむと、その人はこうまで周りや未来が見えなくなってしまうのか、と。特に若者はそうです。

 

逆に歳をくっている人はあまりそういうことで突っ走ってしまうことはありません。それは若者からすれば頭の固い「老害」なのかもしれませんが一概にそうではなく、自分の人生を振り返った時に、そこそこ楽しかったな、満足したな、と感じているからです。そしてその経験を基にした他人の言葉に惑わされない「自分で考える力」というものをきちんと持っています。

 

 そういう経験でものを語る人は時には老害にもなりますが(権力を得た人に多い)、大半の人はそうではなく、年上の人が言うことには想像だけでなく経験が含まれていることから「一定の説得力がある」と考えることも大切です。

 

まとめ

 誤解を恐れずにいいますが、昨今の「旦那さんディス」や「サラリーマンディス」は少し異常です。

 

「旦那さんディス」に関しては旦那の悪口を言えばいうほど称賛される傾向があり、リツイートが伸びるなど、ちょっとおかしなことになっています。それほどバカな男が多いということもありますが、それをツイートして共感を得る行為は明らかに「自分の苦労を認めてほしい」という承認欲求です。

 

 ちなみに以前、逆に奥さんのことを決してディスではなく、少しの不満をツイートした人が、よってたかってボッコボコにされてましたね(笑)

 

 自分の苦労を他人に知ってもらったところで何が満たされるのですか?自分には理解不能です。そのような意味のない精神的欲求がなくなれば、【承認欲求詐欺】に引っかかる人も減るのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク