社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

隅田川花火大会と地元盆踊りで食べる焼きそば、どっちがうまい?

f:id:kei-blog:20180901125002j:plain

皆さんお祭りって好きですか?

 

夏は祭りの季節です。花火大会も多くてみんな浮き足立ってますよね。有名な祭りはいくつかありますが、例えば隅田川花火大会って90万人以上の人が来るらしいです。90万人ってとんでもない数字ですよね。

 

言い換えれば人や車が混むとわかっていても90万のニーズが花火大会には存在するということです。すぐニーズとしてしまうのは商売人(美容室を経営しています)のクセですすみません。

 

自分お祭りそのものよりも、お祭りで食べる焼きそばが大好きなんです。お祭りで出てるやきそばなんて大した味ではないハズなのにすごくおいしい。それは夏の夜、祭りの雰囲気の中で食べる焼きそばだからうまいんですよね。

 

混んだり並んだりが嫌い

自分は基本的に人ごみが大嫌いです。混むだけでも嫌なのに屋台に並ぶなんて考えられない。プレミアムフライデーで牛丼一杯無料で行列を作る人たちとは永遠に分かり合えない自信があります。

 

当然隅田川花火大会なんて行きません。祭りの雰囲気は大好きですが、それ以上に混んでいるというデメリットが大きいからです。ですので俺は毎年歩いていける近所の公園の盆踊りを見に行きます。そこでもしょぼくれた屋台があって、焼きそばも売っていますが値段はなんと200円。

 

町会が主催の祭りなので利益度外視でやっているのでしょう。作るのも町会のおばちゃん達が作っていて200円で祭りの焼きそばが食べれるという、とんでもないコストパフォーマンスです。

 

隅田川は行ったことないのでわかりませんが、ここぞとばかりにイベント価格で販売しているのではないでしょうか。500円とかしちゃうのかな?もっと?

 

隅田川より地元盆踊りで幸せを感じる人間でありたい

隅田川に行く90万人の人はおそらくお金を使うことで幸せを感じる人達です。

 

混む、渋滞、うるさい、遠い(電車とかで行く人)、高い、というデメリットを理解し、「隅田川花火大会って何が楽しいの?」って思える人は、幸せになれるハードルが低いので実際幸せになれる可能性が高いです。

 

電車でわざわざ混むところまで行って人ごみの中ぶつかりながらフラフラ歩いて何が楽しいんでしょうか。地元の盆踊り大会なら屋台で並ばず焼きそばが買えますし、ビールも安く売ってます。そしてその焼きそばとビールの味は、隅田川花火大会とまったく一緒です。(混んでない分うまいかも)ならば混まなくて安い方を選んだ方が利口に決まっています。

 

それに地元の祭りで楽しく焼きそばを一緒に食べてくれる人を奥さんにもらった方が男は圧倒的に幸せです。ちなみに一緒に行った女の子はとてもおいしそうに食べてくれました。俺幸せです☆

 

まとめ

 みんなが持ってるから買いたい、とか、みんなが行くから行きたい、という理由でお金を使うことに幸せを感じだしたら、幸せは遠のいていきます。その幸せを満たすために稼ぎ続けなくてはならないからです。

 

使う為のお金、稼ぐための時間、お金を使う為の移動の時間、これら全てが永遠に必要となる人生の消耗戦へと突入です。自分は隅田川花火大会の焼きそばより、地元盆踊り大会の焼きそばがうまいと思える人間であろうと。隅田川花火大会の映像をニュースで見るたびに心に誓います。

 

 

 では 

スポンサーリンク