社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

【安定】か【挑戦】の二択はもう古い!年間休日150日で大手企業はフリーターより休みが多い!

f:id:kei-blog:20180826144438j:plain

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

最近は影響力のあるブロガーさんが多いことが原因なのか、「安定している人やサラリーマンはつまらない」という流れ起きていますね。一部では「サラリーマンをディスっているわけではない!」という言い訳の声も出てくるほどに、この問題はジワリと広がりを見せています。 

 

わかりやすいツイートを一つ貼り付けてみました。ほかにもたくさんありましたが、基本的にイケハヤさんなど、有名なフリーランス?ブロガー?の方の周りに多いイメージです。

 

安定志向のおじさんおばさんをここまでストレートにディスっているツイートはめずらしいかもしれませんが、リツイートもされていますので、このような考えの方は結構いらっしゃるのかな?

 

 このような流れがジワっている理由

元々自分が学生の頃からある程度はありました。サラリーマンって会社の歯車みたいなものでしょ?って。しかしリーマンショックなどがあったり派遣切りがあったり、就職難民なんていうニュースが連日流れると「やっぱり安定したところに勤めなきゃ!」という流れにまた早変わりしました。

 

そこからは公務員やトヨタ自動車、銀行が就職先として根強い人気っぷり。しかし今また「安定している人はダサい、輝いていない」という流れを感じます。ネット界隈だけでなく、学生である姪っ子もそんなようなことを言っています。そして今度の流れは以前より一層強い気がします。それはなぜか?

 

実際にフリーランスで食えている(食えるどころか金持ち)人が多くなってきたからです。

 

若い10代や20代の夢見る時期にこんな人たちを見てしまうともう自分を止められないでしょう。仕事にやりがいを求めたり、社畜は人生の終わりだ!と一気に自分が特別な人間であるかのように勘違いし、破滅の道をたどることになります。

 

夢を見て破滅した人間を何人も見て来た

 以下存じ上げない方ですが、ツイートを拝借↓

 

自分のお金で大学行っててその間の家賃やらメシ代やらまで全部自分で出した人なら別にいんでしょうけど、18歳超えて親の金で食わしてもらってて「親に理解されないものを追求することが親孝行」って。

 

自分ももう30歳を越えて徐々に同級生なんかも転職したりということが少なくなり、「こいつ終わってる」とか「こいつはもう一生安泰だな」というのが大体決定してきます。一発逆転がある!とかはキリがないのでここではナシ。

 

「こいつ終わってる」というやつの大体が、夢を追いかけたやつでしたね。「バンドマン」「起業」「ホスト」「DJ」「スノーボーダー」「モデル」「飲食店経営」等。

 

自分の周りに関して言えば結局ただの一人も大成せずに、地元に帰ってフリーターか、定職にもつかずフラフラしているか、です。生活はとても苦しそうです。

 

もちろん上記には今流行りの「ブロガー」や「ユーチューバー」はありません。ですから時代が違う!と言われればそれまでですが、世の中に打ち出の小づちがないように、全員が全員食える、お金持ちになれる、ということは100%ありえません。いつの時代も需要と供給で成り立つ世の中ですから。

以下、ゆきさんという方のツイートを拝借↓

まさにこの通りのことが、30歳を越えた自分の周りで起きていることです。

 

夢見る若者は一つ大切なことを忘れている

これら夢見た若者たちは一つ大切なことを忘れています。

 

それは「安定」と「挑戦」は同時に手に入れることができるということです。尊敬するホリエモンさんの著書に「多動力」という本がありますが、ぜひ読んでいただきたい。↓

www.sasennin.com

 

若い人にはなぜか、大手企業や公務員になったら夢をあきらめなければならない!という勝手な決めつけが存在します。若者がとても嫌う【決めつけ】が。

 

自分達で決めつけている狭い価値観の中で動いているから「安定」か「挑戦」かの二択になっているわけです。有休が全て消化でき、さらに夏休や正月休みが充実した大手企業に入れば、安定した給料がもらえた上で好きなことにチャレンジできます。

 

親も喜ぶし自分もやりたいことやれる、何か問題ありますか?

 

自分の2017年の年間休日日数は365日中150日です。ハッキリ言ってフリーターより大手企業の正社員の方が休み多いですからね。

 

  

 では

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

スポンサーリンク