社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

大塚家具の経営不振は一連の騒動とは関係ない。本当の理由とは?

f:id:kei-blog:20180824010402j:plain

「老害」

 

昔からあった言葉でなく、割と新しい言葉のように思います。意味合いとして、基本的に新しものを脊髄反射で毛嫌いし、自分がやってきた、やってこれたのだからこれが正しいと無茶な暴論を繰出す年寄りのことを指します。

 

大塚家具が失敗した原因

 大塚家具には実は個人的な思い入れがあり、親子騒動の時にはどうなることかと少し注意深く見ていました。久美子さんが勝つのは想像ができましたし、勝ってからの大塚家具の失速も容易に想像できましたから株は持っていませんでしたが。

 

仮にも上場企業がこんな左遷されたサラリーマンの想像通りの未来そのままを歩むなんて、会社経営陣がダメだったのか、はたまた俺が優秀なのか。いやそれはないが(笑)

 

騒動が悪影響?

一連の親子喧嘩騒動が売上げ不振の原因だと見る記事もありますが、自分はそうではないと思います。「悪名は無名に勝る」という言葉がある通り、騒動が悪い方にだけ転ぶというのはもう古い考えです。

 

騒動が逆に良い宣伝になり、売上げを伸ばすなんてことはもう普通のことです。わかりやすいのはアパ不倫で騒動になった袴田さんや泥酔暴力事件を起こした前園さん、さっしーなんかもそうです。明らかにテレビ露出が増え、さぞかし懐もあったまったでしょう。

 

 企業で言えば東横インなんかはそうですよね。爆発的に知名度が増しました。自分もあの「東横イン不法改造問題」で東横インの存在を知り、どこかへ行って泊まるときは「近くに東横インないかな?」と調べて泊まったこともあります。

 

ですので大塚家具の失敗は騒動が原因ではありません。

 

本当に良くしようと思って経営権を取りに行ったのか?

まず、久美子さんは本当に大塚家具を良くしようと思って経営権を取りにいったのでしょうか。本当の理由は自分が社長という椅子に座りたかっただけではないのか、という疑問があります。

 

経営奪還後は高級路線から舵を切り、低価格路線、誰でも入りやすい店舗路線を目指したとのことですが、ニトリやイケアの圧倒的低価格と超圧倒的ブランド力に真っ向から太刀打ちしようとしてる時点でおかしい。勝てるわけないでしょう。センタケ(戦車に竹やりで突っ込む行為)です。

 

 真新しいことを何もせず子供でも考え付きそうな「高いから安いの販売して買ってもらいやすくしよう!」なんてことを行った時点で、久美子さんは本当は社長の椅子に座りたいだけなんじゃないの?と自分は感じましたけどね。

もしそうだとしたら当然何をしたってうまくいくはずがないわけです。

 

新しいことをしなかった

通常騒動の後というものは、キャラ転換が必須です。

 

袴田さんと前園さんはいじられキャラ、さっしーは「タイプは口が堅い人」、東横インはバリアフリールームの充実。

 

こういった騒動を逆手にとる、ある意味おもしろ味のある戦略によって、騒動は企業の旨みになります。

 

 それがまったくなかった大塚家具の失速は想像通りです。だって何もしてないんですから。行った真新しいことと言えば、社長側についた裏切り者の人事異動くらいでしょう。静粛人事が行われたとの報道がありました。左遷ですね、実にくだらない。

 

ナイトプールでもやればよかったのに

無借金経営で知られる優良企業であった大塚家具は春日部に5000坪もの広大な土地を所有していましたが、株主への配当金の支払いや利益圧迫などで売却してしまいました。売却したことによって帳簿上は一時見せかけの黒字になりましたね。

 

負債を売らずに資産を売るとは。素人もびっくりの仰天行動ですね。無借金で現預金が豊富にある状態の時に負債である店舗を売却して、資産である土地にナイトプール施設でも作った方が よっぽど大盛り上がりですよ世間様は。

 

春日部にナイトプール。ちょっと意外でワクワクしませんか?ナイトプール行ってみたいけど都内はなぁ、駐車場も高いし、ってか都内まで車で行くのだりーし、っていうインスタ女子が集まりそうじゃないですか。

 

テレビもわんさか行政もこぞってアピールって図式が目に見えますね。資産を買ってこそ金は生きるという商売の鉄則さえ忘れてしまった社長に、企業運営は難しい気がしますが。

 

まとめ

勝久さんがそのまま社長であっても当然うまくいったとは思えませんが、久美子さんのイケアやニトリとの正面対決よりはまだマシだったのではないでしょうか。

 

「老害」とは何も昔からの習慣を理由なく重んじてしまう人のことだけを指すのではありませんよね。

 

娘であるという理由だけで叩き上げ社員をごぼう抜きにし、法を武器に創業者を追い出し社長の椅子に座った人は、果たして社員から「老害」と呼ばれない保証はあるのでしょうか。

 

いずれにせよこの大塚家具の一連の騒動は、自分の人生を深く考えさせられた騒動でした。

 

では

スポンサーリンク