社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

会社の飲み会は断るべき理由

f:id:kei-blog:20180823104850j:plain

まだまだ暑い日が続きますね。こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

今日は未だに残る悪しき習慣「会社の飲み会」について書きたいと思います。飲みにケーションとかいうワケのわからない言葉もありますね。自分は必要最低限の行事以外の飲み会は基本参加しません。

 

我々は学生ではありません。くだらない飲み会を拒否するのは社会人として当たり前です。

 

飲み会は百害あって一利なしな理由

時間の無駄

我々の時間は有限です。20代前半ならまだしもいい歳こいて誘われたからとホイホイついていく人は決して頭が良いとは言えません。

 

会社の飲み会なんぞは会社の愚痴か異動の話、あとはくだらない噂だけです。そんなものに時間を使うくらいなら、筋トレをして老いゆく未来の体の為に時間を使った方が良いことなど、社会人ならわかるでしょう。

 

 以前「飲み会に参加しないと仕事がしにくくなる」などと言っていたどこの飲み会にも参加する変なアラサー女性がいましたが、すでに噂で「あの女は誘えば来る」烙印が押されていました。行ってる方が仕事しにくくなってませんか?今時20代でも行きたくない飲み会は断りますよ。

 

金の無駄

うちの会社の飲み会は平均して3,500円~5,000円くらいが相場だと思います。
中間をとって4,200円だとして、このお金があれば

  • 有益な本が2冊以上買えます
  • nisaの積み立てができます
  • 筋トレ器具が買えます
  • おいしいお寿司が食べれます
  • かっこいいTシャツが買えます
  • おしゃれな靴が買えます
  • スマホが2台分払えます
  • 家の電気代が払えます

これが×回数分です。

 

 くだらない噂話のためにこれだけのことをあきらめている人間はバカです。上記でも書きましたが今は20代の若い子でも、お金がもったいないから、と飲み会を断ります。素晴らしいですね。当たり前のことを当たり前に実行する、これが社会人です。

 

飲み会を断るのは社会人失格、のような風習を未だに重んじている30代40代は幸せになれないでしょうね。

 

ちなみに自分はもう5年くらいは最低限の飲み会にしか出席していません。誘われるがまま行っていた場合、年間24回はありますから、

4,200円×24回×5年=504,000円

 

無駄すぎる。ビットコインでも買っておいたほうが有意義です。どうせないお金としてならね。

 

マイナスに作用することもある

”飲み会に行かないと仕事がしにくくなる”などといって全ての飲み会に出席しまくっていたアラサー女性の話をしましたが、「誘えばくる女」烙印が押されたことによって、明らかにマイナスに作用していることがわかりますね。

 

「飲み会を断る女」か「誘えばくる女」皆さんならどっちが良いですか?答えは一択です。

 

そう、飲み会に参加するということはマイナスに作用することが意外と多いということです。

  • しゃべらなかった人がいたら後に○○さんは愛想がないなどと言われる
  • ケンカが始まる
  • 自分の変な噂(悪口など)を聞いてしまいヘコむ
  • 後にビールを注ぎに来なかったといわれる

大体が関係が良好になることより悪化することが多い気がしますね。

 

何より、会社の大人数の飲み会は知らない人と知り合う機会が増えるということです。これは一見プラスに見えますが、実はマイナスです。会社に自分の顔が売れて良いことなど一つもありません。せっかく矢面に立たずひっそりと生きていこうとしているのに、わざわざ知り合いを増やすのは爆弾を抱えるのと同義です。

 

まとめ

 もちろん出席せざるを得ない飲み会もあります。

「暑気払い」「忘年会」「新年会」などは行事として出席すべきでしょう。これらは自分も出席しています。もちろん一次会で帰りますよ。二次会行く人ー?というバカの声が耳に届く前に店をでます。

 

これら以外の飲み会は百害あって一利なしです。プラスどころかマイナスに作用することが多いわけですから、「飲み会はプラスに作用する」などとバカなことを考えているのであれば、周りに流されるだけの人生をまっとうしてください。

 

会社の飲み会は誘う方もホイホイついていく方も、どちらもバカです。

自分の時間を搾取する人間とは距離を置きましょう。

 

あ、もちろん仲が良くて、一緒にメシを食いたいと双方が思っている場合は別ですよ。自分も仲の良い人とは行きますし。

 

では

スポンサーリンク