社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

左遷されたらどうする?

f:id:kei-blog:20180806130455j:plain   どうも。けいぼ(@kbo_110)です。

 

 順風満帆なサラリーマン生活を送っている皆さんは、自分には関係ないと思っているかもしれませんが、左遷というものは誰にでも起こり得ることです。

 

 ポイントは、あなたがミスをしたり、上司に反抗したりなど、明らかな左遷理由がない時でも左遷されることはあるということです。

 

人事は人間が決める

 当たり前ですが、会社の人事というものは人間が決めます。ロボットが決めたり機械抽選を行うわけではありませんよね。人事部の、たった一人の、ワンクリックによって、その人間は左遷部署に異動です。

 

 課長が人事部の担当者レベルとの面談で、「〇〇は仕事できないし、実は悪い噂もあって他の社員が迷惑してるから、異動させてくれ」と言えば終わりです。

 

 人事部はその本人に確認することもなく、仕事ぶりを調査することもなく、左遷が決定します。逆に言えばサラリーマンはそんな危ないつり橋の上にいつも立っているということを忘れない方が良いです。

 

 つまり人事部とパイプがある上司に嫌われたらその部署にいくら有益な人間でも左遷です。

 

わからない左遷理由

 自分のように、会社の飲み会にも行かない、幹事も断る、上司に意見した、同僚を言い負かした(その同僚は上司にかなり悪く俺のことを報告したらしい)などわかりやすい理由があればまだいいでしょう。

 

 しかし、身に覚えがないのに左遷された場合、ただ単に課長や部長がアナタのことを嫌っている場合が多いです。人事部に何を言ったかはわかりませんが、上司はかなりあなたのことを悪く言ったんでしょう。

 

 尾ひれをつけて、事実でないことも含まれているかもしれません。そしてそれが嘘か真か確認されることもありません。悔しいですよね。

 

左遷を大ごとだと思っているのは末端社員だけ

 皆さん左遷ってすごい大ごとだと思っていませんか?

 

 何か大きなミスをやらかして、その失敗の会議が上役の間で行われて、誰が悪くて誰が責任を取るのか話し合われ、部署として報告書が上げられ、人事部長への文書報告があり、左遷異動が決定される、というまるで半沢直樹さながらのお祭り騒ぎだと思っていませんか?

 

 だからこそ、自分にはそんなこと起こり得るわけがないと感じているんです。実際は課長が人事担当者に悪口を言っただけです。

 

左遷されたらどうする?

 前置きが長くなりました。左遷されたらどうすれば良いかですが、まず基本的に元いた部署か、または左遷先でない本社にある部署に異動したいと考えると思います。自分もそうでした。どうすれば本流に戻れるか、そのことばかりを考えてしまいます。

 

 まずはその考えを辞めることから始めましょう。

 

鮮明なバツ印

 あなたの人事記録には通常異動ではない、鮮明なバツの記録がつきました。これは人事部の人間が変わっても受け継がれていくものです。

 

 後任の人事担当者はどういった経緯で異動したかという内容まではわからないかもしれませんが、何かの理由で左遷先に飛ばされた、ということはハッキリわかります。

 

 そんな人を自分が担当になったときに本社に戻すような危険な橋を渡ると思いますか?答えはNOです。会社にとっていくら有益な人材であろうと、本社に戻さなかったことへのお咎めというものは人事部側には存在しません。

 

ですのでそこはもうあきらめて方向転換した方が圧倒的に効率的です。

 

本社に戻ろうとがんばっても戻れない可能性の方が高い

 世の中には「左遷はチャンスだ」や「左遷先で咲けば本社にもどれる」「左遷部署を花形部署にすればいいんだ」などの、ネット記事や本などがあふれていますね。

 

 それは自分から言わせれば努力と根性で会社をひっくり返す!!」と言っていることに他なりません。無理でしょう。

 

 もしかしたらそういう事例はあるかもしれませんが、それはごくごく少数です。その少数の経験の話が、本や記事になっているということ忘れてはいけません。左遷されて努力しても返り咲けなかった人は本や記事にできないわけですから。

 

 その左遷からの大逆転劇の裏で、何千倍もの左遷人が左遷されたまま何十年も冷や飯を食い続けたという事実をきっちり認識しましょう。

 

 面舵いっぱい

 ここまで説明すれば十分でしょう。もう本流復帰は無理なので面舵いっぱいの方向転換です。このブログのタイトルでもありますが、社内じゃなくて社外で勝ちましょう。

 

 勝ち方は自分が勉強してきたことをブログに少しづつ書いていますし、これからも書きます。 会社での出世や本流復帰はあきらめ、会社の外に財布を持つことをお勧めします。もちろん左遷されたことによって勢いで株や投資を始めるのはダメですよ。

  

 左遷されて落ち込む時間を目いっぱい落ち込んで、その落ち込んでいる時間の中で確実に反骨心を育てていき、気持ちが沈みきったらもう浮き上がるしかありません。

 

 その会社に対する反骨心とともに、落ち着いて、静かに行動していきましょう。もう出世には興味はありませんから時間はたっぷりあります。そして反骨心も。

 

 人事部が会社でバカ勝ちしていることをよそ目に、人生で勝ってやりましょう。会社を利用するだけ利用して給料をもらいつつ、会社の外でもお金が入ってくるシステムを作りましょう。

 

 会社は俺たちを利用しています。俺たちが会社を利用するなんて当然許される権利です。有給は全部消化して、その有給を使って副業なり勉強なりすれば、だいぶ力がつきますよ。

 

 とりあえず一番初めに行うことは今まで使っていたクレジットカードを処分して(suica機能が付いたビューカードはOKです)、年会費永年無料の楽天カードにすることから始めてください。楽天カードにすれば常時還元率は1%ですから損をする人は絶対にいません。生活費の全てを楽天カードで支払えば永遠に得をし続けられます。

 

まとめ

  自分の大好きな、ある富裕層著名人の方が

”サラリーマンで富裕層になる人は大体出世街道を外れている人だ”

とおっしゃっていました。

 

 今では自分はこの言葉を淡々と再現しています。左遷前より確実にお金の流れが良くなりました。今では給料所得、事業所得、配当所得、と3つの財布を持っています。

 

 もちろん入ってくる金額はわずかづつですがこれから大きくなるように正しい方向にBETするだけです。もう一度いいます。

 

左遷されたら面舵いっぱいです。

 

一緒にがんばりましょう

 

 

では

 

 

関連記事↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com 

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

こちらは社外での勝ち方です↓

www.sasennin.com

www.sasennin.com 

www.sasennin.com

 

 

 

スポンサーリンク