社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

KDDI (9443) 配当金生活向きの数少ない国内優良企業

f:id:kei-blog:20180805113518p:plain

 

暑い日が続きますね。左遷された窓際サラリーマンでも当たり前ですが夏は暑いです。会社では冷遇されているんですけどね。

 

どうも。けいぼ(@kbo_110)です。

 

自分も投資家の端くれですから、好きな企業と言えばやはりアメリカの企業が多くなってしまいます。株主還元姿勢やブランド力、営業利益から不祥事対応など、すべてにおいてアメリカ企業は群を抜いていますからね。

 

日本にいても生活に身近な企業として思いつくだけで P&G、コカコーラ、ジョンソンエンドジョンソン、フィリップモリスなど、投資家でなくとも知っている企業が多く存在します。

 

ですが自分は国内株にも投資しています。

 

その中で最も好きな企業は【KDDI】です。

 

日本では数少ない株主還元強化企業

日本で知らない人はいないでしょう。携帯電話のauブランドを展開している企業です。配当金利回りは3~3.5%程度。

 

国内屈指の通信事業者で、アメリカでいうとベライゾンコミュニケーションのような位置にいる会社でしょうか。

 

世界中に拠点を持ち、人口減少により衰退が予想される日本に依存することなく、グローバルな事業を展開しています。日本企業にはない柔軟さを兼ね備えた企業ですね。

 

最近ではミャンマーやモンゴルなど成長著しい新興国において、4G LTEサービスを本格的に展開するなど、通信事業者として大きなシェアを獲得しつつあります。

 

モバイル事業

日本においては頭打ちです。毎年出る新料金プランの影響で1ユーザーにおける利益は当然減っていますから、今月の決算報告においても減収が発表されていています。

 

CMの影響でUQモバイルが好調ですが、auからUQにユーザーが流れるとこれまた利益が減るだけになってしまいますので、どれだけ他社からの流入を促せるかがポイントですね。

 

今ではLINEのようなアプリの台頭で通話でさえ無料になっていますので、非常に厳しい戦いになる分野でしょう。

 

決済サービス

au WALLETです。すごいサービスですね。

 

通常suicaやwaonなどの電子マネー端末がないと決済できませんよね。今ではかなり増えてきましたが、それでもクレジットカード決済ができるお店に比べればまだまだです。

au WALLETの電子マネーはクレジット端末での決済が可能であり、クレジットカードのような使い方ができます。利用ごとにWALLET ポイントがたまり、買い物に利用することもできます。

 

こうした新サービスで我々ユーザーの生活、スマホ、買い物、パソコンまでを一網打尽にする【KDDI経済】を築くことが可能であり、これに成功すれば向こう100年は安泰の企業になるのではないでしょうか。

 

 

営業利益と配当金の増配

f:id:kei-blog:20180805105750g:plain

 

すばらしいほどキレイな右肩上がりですね。今後の不安を感じさせません。

続いて増配率。

 

f:id:kei-blog:20180805110326g:plain

 

 17期連続増配中です。 そして日本企業にはめずらしくHPに

 

「KDDIは、2002年度より16期連続の増配を実現しています。「配当性向35%超」と「利益成長に伴うEPS 成長」の相乗効果により、今後も、持続的な増配を目指します」

 

 といった文言があります。余程の自信がなければここまで書けませんね。配当性向35%はKDDIからすればまだまだ余裕がある数字ということでしょう。

 

インカムゲイン投資家としては安心して投資できる企業ではないでしょうか。

 

まとめ

現状自分は100株しか保有していません。

 

100株購入し、下がれば追加で100株購入しようと思ったのですが、株価が上がってしまい、購入する時期を逃してしまいました。

 

以前日産の株を200株一気に買ってしまい、ガクッと下がって100株にしとけばよかったと後悔したことがあったので、ここは100株にしておいたのですが、そうするとやっぱり上がってしまいました。

200株買っておけばよかった。

 

どうして投資というものはこう逆逆になってしまうのでしょうか。不思議なものです。

 

KDDIのような株主還元姿勢の強い企業が17期連続で増配してきたということは、今後減配する恐れは非常に少ないと考えます。ここまで積み上げてきた増配の信用は投資家としては非常に心強いですからね。

 

減配して17期連続増配を振り出しに戻すことは余程のことがない限りしないでしょう。

 

自分も資金ができればその時は素直にその時の株価で購入したいと思います。

 

 

 

では

スポンサーリンク