社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

若者は資産運用するべきか?しないべきか?

f:id:kei-blog:20180803111636j:plain

 

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

おもしろい記事をTwitterで見つけました。

 

 

若者の資産運用を否定しているわけですね。

 

自分は【何を語るか】より【誰が語るか】派の人間なので、DMMの創業者であればもちろん【誰が語るか】としては申し分ないカリスマ経営者ですよね。

 

そのカリスマが、資産運用なんかせずに自分磨きに時間を使え!と。

 

この記事を読んで自分も色々と考えさせられました。

 

両方やればいい

この記事は一つ大事なことが忘れられています。

 

それは自分のスキルアップと資産運用は両立が可能だということです。

 

稼ぐ力を身につけるのが大切なのはわかりますが、両方やればいいわけです。それが抜け落ちていますね。ホリエモンさんの言葉を借りるなら【多動力】でしょうか。

 

まぁエンジェル投資とかなら別ですが、株式投資くらいなら基本的に時間的拘束がないわけですから多動力も何もいらないですが。

 

若者こそ資産運用をするべき

 自分は基本はガシガシするべきと思います。もちろん資産運用といってもピンキリだし、何をやるかで変わってはきますが、若いうちから少額でもお金を動かす練習は必ず役に立ちます。

 

100個考えるより1の行動が大切です。行動が全てです。小利口はバカには絶対勝てません。小利口はバッターボックスにここぞというときにしか立ちませんが、バカはどんどん立ちます。だから当たる確率も増えます。行動できるバカになりましょう。

 

行動は何よりも財産になります。例えば株をやりだすと、企業の財務諸表を見てみたり、スーパーに並んでいる商品一つをどこの会社の賞品かな?とじっくり見てみたり、企業に投資していると普段見える景色もガラリと変わりますよ。

 

この記事では「資産運用より自分の価値を上げることをがんばったほうがいい」と書いてありますが、大前提として資産運用は自分の価値を上げることそのものです。

 

おすすめの資産運用

ありきたりな言葉ですが、若者は時間を味方につけることができます。

 

例えば株投資では、損益は時間に助けられることが多く、いくら含み損が出ても、長期運用すれば選ぶ銘柄を間違えなければ後から大体プラスになります。

 

それに最適な銘柄がS&P500連動商品やVTIのような米国ETFということになります。これを長期運用して損をするということはあまり考えられないでしょう。

 

資産運用と聞くと何か大袈裟な感じがしますが、毎月少額でもETFを積み立てるだけの地味な作業も立派な資産運用です。

 

上記の記事では多少リップサービスも含めて「若者で資産運用なんて眠たいことを言うな」と言ってらっしゃいますが、やらないよりは絶対やったほうがいいです。

 

 

投資は生活にも良い影響がある

投資の感覚というものは実生活にも良い影響があります。俺の場合ですが

  • 服に興味がなくなった
  • 車に興味がなくなった
  • クレジットカードなどポイント生活ができるようになった
  • 無駄使いが減った

ようするに「お金を使いたい衝動」というものが減ります。服にかけるお金が減ったとことで女性からのモテ度が減ることもまったくありません。

 

これを配当金で買うには3%の利回りとして元本は〇〇円必要だ、と瞬時に計算するようになったことで、物欲が減り、生活にゆとりがでました。

 

クレジットカードや電子マネーのポイント術なんかは確実に投資活動から学んだものでこれからの長い人生で確実に得をします。

 

まとめ

 日本には自分が投資していることを正当化する免罪符の言葉として「投資をしないリスクがある」という言葉があります。これは投資初心者ほど良く言いますよね。しかし

 

投資をしないリスクが一番リスクが少ないないのは間違いありません。

 

そうするとやっぱり投資ってしない方がいいの?ってことですが、それは違います。

 

できるだけリスクを抑え、自分の頭で考え、過去は未来を約束するものでないことを前提に、正しい方向に少しづつBETする資産運用というものは人生を楽しく生きる糧にもなり、得をする人生スキルにもなります。

  

P&Gの株に投資するということはギャンブルとは違いますからね

 

こんなことは誰でもわかりますよね。
最後に

 

「若いときにいっぱい損を経験した俺が言うんだから間違いないよ(笑)」

 

さすがにリップサービスでしょうが、この言葉は良くわかりません。
そこには理屈も何も存在しませんので。

 

 では

 

 

関連記事↓ 

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

www.sasennin.com

 

スポンサーリンク