社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

バフェット太郎さんの【馬鹿でも稼げる「米国株」高配当投資】を読んでみた

f:id:kei-blog:20180721202926p:plain

 

 

こんにちわ。けいぼ(@kbo_110)です。

 

自分は本を読むのが結構好きで小説から投資本まで幅広く読みます。
この平成も終わろうかという時代に未だ電子書籍は苦手です(笑)

 

バフェット太郎さんの本を読んでみた

以前からバフェット太郎さんの存在は知っていて、今回本を出されたということなので読んでみました。株をやっている身としては当然米国株は好きですし、常日頃、他人がどのようなスタンスで米国株に向き合っているかも興味があったので。

もちろん本の具体的な内容は書けませんが、恐れ多くも以下感想を。

 

めちゃくちゃ面白かった

率直に、とても面白かったですね。最近は本でもテレビでも炎上を怖がって攻めるような言葉は避けていますが、この本はとても攻めていた。ブログではおなじみでしたが本でもそのままとはさすがです。

 

一番おもしろかったのはズバリ、〇〇を買えばいんだよ!と答えが思いっきり書いてあるところですね。細々した分析ももちろんすごいと思いますが、ゴチャゴチャいっていないでコレ買っとけみたいなの、非常に読んでて面白かったです。それが本当に答えなのかは未来人以外誰にも評価できませんが(笑)

でもこの御時世、〇〇買えばいんだよ!なんて言うのすごいリスクですよね。
どの記事でも、コレがいいアレがいいと散々言っておきながら最後には【※投資は自己判断でお願いします】としっかりとリスク回避の文言があるわけで。

そういう最近にはないズバッと感?も込みで非常に読んでて楽しかったですね。

 

昔から思い続けていることと同じことが書いてあった!!

ダイエットに関する部分です。

【食事制限と適度な運動をすれば誰だって痩せられるはずなのに、誰もやらない】

昔っから思ってました。どうして答えがわかっているのにみんなやらないんだろうって。自分も常日頃運動して体重が変わらないようにしてますが、職場のみんな痩せたい痩せたいと言いながら誰も痩せないんです。

まさかそれをETF投資と結びつけるとはすごい発想ですね。すごすぎる。

 

気が楽になった

自分は周りに投資をしていることを公にしていません。これって結構孤独なんですよね。職場の飲み会で少しだけ、株をやってんだよねーなんていう自慢しまくりたいオーラ全開の係長の話を聞いたことがありますがもちろん俺は「株なんてすごいっすね!資本家じゃないっすか!」言っておきました。

でも誰かに自分のやり方を肯定してほしいチキンハートだったりするんです。

 

他人の意見を鵜呑みにするのは良くないけど、それでもやっぱり自分と同じような考えで米国に投資している人がいるというのはうれしいものです。

 

とは言っても自分は日本株も持っているし(クソダサいでしょうか?w)ポートフォリオもJNJ、PG、KOくらいしかかぶってないんですが。

 

目からウロコ

あまり本の内容を書くと怒られそうなので詳しくは書けませんが、「賭け事と株は違うでしょ」っていう内容のページがありました。簡単に言うと想像できるものとできないものがあって、ある程度想像できるものをやった方がいいんじゃない?って。

 

もちろん頭の隅ではわかっていました。だから自分も賭け事の類は一切やらないけど株はやっているわけで。でもそれが言葉でガツンと書いてあり、なんだか胸のつかえがとれたというか、そんな気持ちになりましたね。

 

まとめ

初心者から投資方針が違う人まで、誰が読んでも読んで損はないと思います。

本って全体的には自分と違う考えであっても、数百ページの中に一行でも胸にグッとくる言葉があれば、【本を買う】という投資としては大成功ですから。

 

値段わずか1500円の投資、やったほうがいいです。

 

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

  • 作者: バフェット太郎,はるたけめぐみ
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2018/04/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

では

 

スポンサーリンク