社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

今だから思う投資始めの注意点

f:id:kei-blog:20180626141026j:plain

 

 

左遷されたことを機に投資に目覚め、不労所得というものを得ようと行動し始めたわけですが、自分が初心者の頃やってしまっていた失敗と注意点を、メイン投資である株とソーシャルレンディングについてまとめてみました。

 

投資初心者は当初の方針を守れない

投資初め当時は、余剰資金でやろうとか、資産の〇〇%以内でやろうとか、色々考えます。でもそれらは長続きしません。

例えば株。

売りたいよりどんどん新しい株を買いたくなります。撤退より、新規投入したくなります。初心者によくある現金のフル投入というやつです。

そうすると、株が下落してバーゲン状態になったとしても戦う武器がなくなりますので、武器(現金)は常にある程度携帯しておかなくてはなりません。

 

これは頭でわかっていてもできない人が多い。なぜかというと、「自分は投資家である」(特別な人間である)
と錯覚してしまうからです。

 

そこらへんの人がやっていないことをやっている、上から下界を見下ろす人間だと錯覚すればするほど、その下界との距離をさらにひき離そうとすべく、買い増ししてしまうのです。

そこで株価が上がればいいが、大体さがります。一貫性のない投資をすると短期的にはほぼ損をします。大体そういう感じに人生はできています。そこは不思議なものです。

 

株式投資

ザ、投資。という感じではないでしょうか。まずは株式。

一括投入ではなく、分割で購入すること

投資を始めようとしたとき、100万円あったとします。
投資したい日本株を見つけ、その会社の将来性と配当金が魅力的だと感じ、購入を決めました。

その株が現在かなり割安になっており、5万円から購入可能だとしたら、100万円分購入してはいけないことは誰にでもわかると思うのですが、最低金額ではなく、ついつい10万円(ちょっと多めに)いれてしまいたくなるんです。

割安でチャンスだから、ここは最低購入数じゃなくてもう少し多めにいれよう」ってなものです。

ここでポイントは割安でチャンスなどと自分で勝手に決めてしまうことです。

どこまで下がってどこまであがるかなんてわかる人はこの世に存在しません。世界一の投資家であってもです。

まずは最低額の5万円購入し、もしそこから10%以上下落したらさらに5万円分買いましょう。

もし上がってしまったらそこはあきらめです。人はなぜかそういう時、損をした気分になりますが、実際は損はしていません。値上がり分得をしています。そこは強い精神力で割り切るしかありません。

こんなことに強い精神力が必要なのが投資です。

100%思い通りに勝つことは絶対に無理なので50%思い通りに勝ちましょう。
実際は50%勝つことは無理ですが、ここは気持ちの問題です(笑)

 

それで十分です。というかそれ以外は臆病サラリーマンにとっては投資ではなくギャンブルになってしまいます。

短期売買はやめておく

短期売買、いわゆるキャピタルゲイン目的の投資は危険がいっぱいです。

値上がり益を期待して買った株ほど、下落します。ほんっとーーーーーに不思議なものです。

仮想通貨でもそうですが、株というものは買ったら値下がりし、損切りすれば値上がりします。そりゃもう笑えるほど、株は自分と逆逆の動きをします(笑)

 

配当目的で買って、株価は見ない、これが一番精神衛生上も良いです。買った後は気絶して、配当金をもらったときだけ起きましょう。

 

ソーシャルレンディング

最近急速に世間に浸透しつつあります。しかしネガティブな話題も多く、ここら辺で一旦新規ユーザーが落ち着くのではないかと思います。

一つの案件に対して出資額はできるだけ少なめに

かといって例えば300万円の投資可能額がありながら最低出資額の3万円づつ投資していたら管理も大変になります。

自分は30万円を基準にしています。

たまに担保付きで9%とかの案件もでますが、一括出資したい気持ちを強い精神力でぐっと堪え、多く出資せず、30万円上限出資を基本としています。

万が一返済遅延が起こった時、その金額が100万円なのと30万円なのとではえらいちがいです。 

 

maneo(マネオ)を使う

www.maneo.jp

「この業者を使う!!」なんて、ちょっと言いすぎな部分もありますが、可能性の問題として、です。

maneoは業界最大手であり、10年以上業界で最前線を走りながら、尚且つ投資家の元本の棄損が1件も発生していません(2018年6月現在)

 

10年間誰一人損をしていないなんてすごいことですし、それは何も変えがたいとてつもない宣伝効果であり、マネオはこれからもそのポジションは死守するよう、必死なはずです。※半世紀以上に渡って増配を続けている米国企業と同じような理屈ですね

1件でも元本棄損すれば積上げた10年の信用が一気に地に落ちるわけですから。

財務諸表も健全で、黒字経営、業界最大手ということもあり、資金も潤沢で、潰れる心配はないでしょう。

過去に遅延が発生したことや、maneoグループ内で問題のある貸し付けが発覚したこともありますが、maneo自体で元本棄損、ましてや元本全損などという大問題が起きる可能性は極めて低いと考えられます。

 

最近ソーシャルレンディング業界全体が不信感で包まれるような出来事が多く起こっています。

お知らせ詳細 | みんなのクレジット

 

2018/06/19 お知らせ「「グリーンインフラレンディング」における一部募集停止のお知らせ」|maneo(マネオ)|ソーシャルレンディング

 

そこで自分は投資初めは色々なソーシャルレンディング業者に登録していましたが、今はmaneo一択です。

 

”卵を一つのカゴに盛るな”という有名な投資の基本理念がありますが(1つのカゴを落とすと卵が全部割れて困るからいくつものカゴに卵を分けろ、分散投資をしろという意味)

 

自分はmaneoを落ちないカゴだと思っています。

 

持ちにくいカゴや穴のあいたカゴをいくつも使うくらいなら1つの高級な落ちないカゴを使います。

分散投資はmaneoが募集している案件の中で行います。

現在maneo一択の投資方針にする前の名残りでクラウドバンクという業者に20万円、アメリカンファンディングという業者にも50万円出資中です。

クラウドバンクは貸付期間が終わればmaneoに切替えます。

 

アメリカンファンディングは利回りが高すぎる為、こちらは元本棄損覚悟でやってみています。一応担保付なんですけどね。万が一遅延が起こった時の対応を一度確認したいところですが、現在遅延は発生していません。

 

 アメリカンファンディングに関しての記事はこちら↓

www.sasennin.com

仮想通貨

御存じ仮想通貨。ネガティブな話題しかありません(笑)現時点では完全な投機だとの認識。

 やめておきましょう

例え余剰資金でも、あんな値動きの激しいもの、精神を消耗します。

 

以上、投資初心者がやりがちな失敗と対応策を考えてみました。
あくまでこれは投資を始めた時の自分に今の自分がアドバイスするなら、です。

これらがすべての人の投資リスクを減らす手立てになる万能薬ではないことは御理解いただければと思います。

 

上記で2回もこの言葉を使いましたが、強い精神力をもって投資を始めてみましょう。

 慣れてくれば強い精神力は徐々に必要なくなってきますので。

 

 

では 

スポンサーリンク