社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

奨学金は嫌だ!年間20万円の学費で大学を卒業する方法

 

f:id:kei-blog:20180622233109j:plain

こんにちわ。(@kbo_110)です。

 

今日は自分がお勧めするコスパ最強の通信教育大学について。

 

 勤めている会社

 自分の会社は世界中に支社、グループ会社があり、同期の数は100人を超え、福利厚生は手厚く、給料もそれなりに良い方なので人気就職ランキングにも出てくるいわゆる優良企業です。

 

東大含む、有名大学を卒業した人が多い中、自分は明らかに毛並みが違う人種でしたが。

 

大手企業に通信教育大学卒でも入社することは実際可能でした。書類で弾かれることももちろんなく、すんなり入社することができています。

  

うちの家は”子供の学費を親が出す”という習慣がない家

18歳の自分に大学に行く金はもちろんなく(奨学金は借金なので絶対嫌だった)、通信の大学に入ることにしました。通信の大学と言っても普通の私立大学の【通信教育課程】という枠です。

この課程はすでに社会人となった人が資格取得の為や学び直す為に入ることが多いようですが、自分のように就職の為に入ることが一番効率が良いです。

 

普段は郵送された教材を基に家のPCで講義を受け、論文もネットから提出、テストもネット試験で完結します。※学校によります

 

年に数回スクーリングといって直接大学に行って授業を受けることになります。その時は全国から通信教育学部の生徒が集まるので、結構楽しいですよ。お互いの近況を話し合ったり、九州から来ている人もいて、全国に同じ境遇の友達ができます。

 

通信教育と言いますが、学生証は普通の生徒と同じなので、もちろんいつでも大学内に入れるし、大学の図書館や食堂もよく利用しました。

 

通信教育という響きだけで一見それって何?専門学校?って感じですけど、普通の大学生です。しかも昼間は働けるという特典付き。これを特典と受取るのは自分だけかもしれませんけど。

 

入学試験は簡単な作文のみ。

自分の大学の学費は通常ですと年間120万くらいですが、通信教育学部は年間18万円くらいでした。

細々した費用を含めても4年間の学費総額は90万円未満。

 

それでいて卒業資格は同じ※大卒ですね

 

学費が高くて進学をあきらめているアナタも、4年間総額500万円となるとかなりきびしい感じがしますが、総額90万円となるとかなりリアリティーがある金額に思えませんか?

 

しかも昼間は働けますから、余裕です。

 

奨学金が社会問題になりつつある中、こーゆー選択肢もあります!!と、声を大にして言いたいけど、大学の通信教育は全然スタンダードにならない不思議。なんででしょうね?

他の人と同じ行動をしないと不安になる国民性も関係しているのでしょうか。

 

これからは18歳くらいになったらもう少し自分で考える力を身につけないとまずいと思いますけどね。

 

もちろん親がどうしても500万からの学費を出したい!というお金を払うことに幸せを感じる人なら出してもらった方がいいと思いますが。

 

大学に入る理由をちゃんと考えたことがありますか?

 大体がいい会社に就職したいからですよね。

 

大学に入ったからって就職できるかどうかわからないのに何百万も借金を背負うほど危険な投資はありません。

 

教育にお金を使うのは立派な投資です。

 

医者とか薬剤師とか資格系を目指すなら大学に入るしかないけど、今や教員免許も通信課程で取れますからね。

 

もちろん通信は通学よりは根気がいりますが、借金背負うくらいなら苦労した方が絶対得です。

 

 大手の会社に入ってしまえば、どんな学歴でもどんな風貌でも男性でも女性でも、給料と拘束時間は一緒です。問題は入るまでにどれだけの金をかけたか、借金を背負わなかったか、です。

 

大切なのは経過ではなくて結果。同じ結果(大卒の資格)が得られるのであればわざわざ奨学金という名の借金を背負うことなど愚の骨頂ですよ。 

 

 

  

では

 

スポンサーリンク