社内じゃなく社外で勝つ ~左遷された勤め人の生き方~

左遷された窓際サラリーマンが、やりすぎな節約とほどほどの投資によって出世エリートより幸せになれることを証明するブログ

【日本株】保有銘柄と今後の方針

 

f:id:kei-blog:20180821164147j:plain

日本株を考えてみる

もともと株の投資は日本株から始めた

 まぁ大体の日本人が日本株から始めるでしょう。外国株は、為替?手数料?ドル転?控除?なにそれ?状態になりますから株を買ったことのない初心者にはハードルが勝手にあがってしまういます。

 

自分は日本株とアメリカ株に投資しているんですが、現在も日本株の比率が多いままです。流行りにのって徐々にアメリカ株に移行しようかとも考えたけど、今の所その予定はありません。

株主還元がまだまだ根付いていない日本の市場に少しだけ良い可能性を感じているからです。

アメリカは株主還元が完全に浸透していて、減配=経営者失格であり、コカ・コーラやP&Gなど企業によっては50年とか連続増配を繰り返している手前、経営者側も自分の代で世紀の大失態【減配】をしようとは考えにくいから安定した配当が見込める。

 

その反面日本は結構簡単に減配してしまいます。
これはもう国民性の違いだと思う。

【企業側】今期は減収だったから仕方ないよね?来期も何があるかわかんないし。

【株主】仕方ないよ貯金を食いつぶすのはよくないからね

ってな感じ。

 

日本人は”貯金大好き投資大嫌い”の精神だから、減配はさほど問題にならない。

大塚家具の総会でも「会社のキャッシュが減っているのにこれだけの配当を出すのはおかしい」なんていう質問がでたそうです。

「大塚家具」株主総会 久美子社長の“デタラメ答弁”に株主は唖然、呆然…(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

 

自分の思い通りの経営じゃないなら株売ればいいのに、何で納得してない経営方針の会社の株持っているんだろう?と自分は思ってしまいます。

だけど、今アメリカ株がすごい勢いで流行ってきてて、これからもっとスタンダードな投資なってきた場合、日本企業もアメリカを追随するしかなくなると思うわけです。

そうしないと日本の株を買う理由がなくなり、どんどん株主は海外に逃げてしまいます。

そんなことは企業側も気づいていると思うんです。アメリカの株が簡単に買えるようになった今、赤信号みんなで渡れば怖くない!!って簡単に減配してきた全ての日本企業の概念が崩れ去ろうとしているはずです。

 

花王なんかは28年くらい増配してますが、日本で唯一のこの増配記録は何十年もかけてたどり着いた何にも代え難い優良企業の宣伝効果があり、これからもちょっとやそっとじゃ増配をストップさせないでしょう。

俺はこれから投資が日本に根付いていく上で、”増配をするしかない”方向に行くと割と本気で思っています。 まぁ日本株は100株からしか買えないのが普通なので俺は花王なんて高すぎて手だせないんですが。

 

保有日本株一覧 

  • KDDI【9433】
  • イオン【8267】
  • 日産【7201】
  • 岡部【5959】
  • JT【2914】

 


元々は配当金額に関わらずたくさん銘柄を持っていましたが、投資を配当金目的に変えてから、損益がプラスになった時点で全て売りました。

 

日産と岡部が現在マイナスだけど、プラスになったら売るかもしれません。
逆買いたいのはアサヒ(2502)かキリンHD(2503)。

一つだけ日本の飲料系事業の株をもっておきたいんです。もし不況になってもみんな飲み物飲むよね?ってことです。結構こういう単純な理由で買ったりしています。

 

もう少し言えばこの二つの会社は配当性向(会社の利益の内還元する率)がまだ30%くらいなので増配余地がありますし、現在の利回りは1%代でお世辞にも高配当とは言えませんが今から仕込む価値は十分にあると判断してます。

 

飲料系産業は成熟しきっているので、他企業の参入もタバコ産業ほどではないけど高めなので、こうなってくると味や価格云々よりブランド力がものをいう世界ですから、安定しています。

 

ただし、株価高すぎるので今は指をくわえて下落を待ってます。

 

今後の方針は

 ということで自分はアメリカ株に比重を大きくする予定は今のところありません。

おそらく 

日本株:アメリカ株  50:50

くらいを目途に投資していく予定です。もちろん相場によっては変わることもありますが、現金も手元に残しつつ、暴落に備えたいですね。

 

自分はソーシャルレンディングの投資額が一番大きく、現在の日本株の投資額は170万円くらいでしょうか。税引利回り3%としても5万円程度。

まだまだ買い増さないと配当金生活には程遠い・・・

 

 

では。

  

 

スポンサーリンク